便秘を放っておくと大変なことに

乳酸菌で体臭や口臭が消える

ヨーグルトや乳製品などに含まれている乳酸菌。 乳酸菌は便秘解消はもちろんのこと、体臭や口臭までも 改善してくれることをご存知だったでしょうか?

今回は、乳酸菌が体臭や口臭を改善してくれる仕組と、 驚きの乳酸菌パワーについてお話ししていきましょう。


《 乳酸菌で体臭や口臭が消える 》

便秘に悩んでいる人なら既にご存知かと思いますが、 便秘が原因で体臭や口臭が臭くなることは事実です。 そこで、便秘と乳酸菌とニオイの関係について考えてみます。

自分の体臭や口臭が気になると感じてる人は大勢います。 女性の20代から40代の90%以上が、 体臭や口臭を一時的に消すスプレー類などを使っている という結果もでています。

しかし、スプレー類などは、 あくまでも一時的にニオイを消すというだけで、 根本的なニオイの元を無くしてるわけではありませんから、 何が体臭や口臭の原因になっているのかを まずは考えてみる必要がありそうです。


《 体臭の原因 》

健康な体であれば、新陳代謝が盛んに行われ 免疫力も高まりますので、 臭いの元となる老廃物や感染症の原因となる悪玉菌も減少します。 体臭や口臭の原因は 老廃物や弱った組織をエサとする雑菌が関与しており、 結果的にアンモニアなど臭いの基となる物質を作り出しているのです。


《 体臭の一般的なケア 》

口臭や体臭がある場合には、 一時的に抑えるうがい薬、外用薬などもありますが、 臭いの元である老廃物の溜まりやすい体質そのものを 改善しない事には、再発します。 そこで新陳代謝を活発にし、 免疫機能も正常化する乳酸菌の出番となります。


《 内から確実に臭いを抑える乳酸菌 》

乳酸菌は腸内で善玉菌の数を増やす役割をします。 善玉菌が増え、善玉菌が活発になると老廃物の生成が抑えられるだけなく、 不要なものは速やかに排出されるようになります。 乳酸菌を摂取しなければ善玉菌の数は次第に減少し、 やがて便秘になります。

便秘などで老廃物が大腸内に停滞するのは、 加齢、ストレスに起因した悪玉菌の増殖によって 腸内環境が弱っているためです。 老廃物が体内に蓄積され続けると腐敗菌や大腸菌といった 悪玉菌の格好のエサとなり、 体内環境は次第に悪化して免疫機能も低下します。 体臭や口臭が現れたら、 まず自分の体調のコンディションを 振り返って見ると良いでしょう。



以上のような体調の問題は、特に特効薬などありません。 現代はストレス時代というぐらいですから、 特に不摂生な生活でなくても、 こういった活力の低下は避けられませんね。 だからといっては問題があるかも知れませんが、 面倒な対策を考えるよりも、 乳酸菌に全部おまかせするというのはどうでしょうか。

乳酸菌の優れた効果は即効的に現れるものではありませんが、 毎日食べ続けることにより、 腸内の弱った環境はしっかり改善されてきます。 乳酸菌は食べ過ぎて副作用などもありません。 ( 但し市販食品ではカロリー過多の心配はあります ) 体の中から改善していく乳酸菌は、 気になる臭いにも良い結果をもたらすでしょう。

【 頑固な便秘対策 】
乳酸菌革命

このページの先頭へ