便秘を放っておくと大変なことに

便秘を解消してくれる乳酸菌

便秘解消には乳酸菌が効くということは、 便秘でお悩みの人なら誰もが知っていることと思いますが、 なぜ、乳酸菌が便秘解消に良いのか具体的な理由については、 あまり詳しくないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は 「 便秘解消に乳酸菌が効く理由 」 について 詳しく紹介していきたいと思います。

便秘のとき、腸の中では何が起こっているのかが わかると 「 たかが便秘 」 などとは言っていられなく なります。

便秘は腸内環境の悪化を示すサインです。 腸内環境が悪化すると便秘や下痢などの便通異常を 引き起こすことになります。 腸には有害物質や発ガン物質を分解したり 体外に排泄したりする機能があるので、 人間の体は、そうそう簡単にはガンや病気にかからないように なっているんです。

けれども、一旦、腸内環境が乱れ始めると、 有害物質を体外に排泄できないということになるので、 発ガンのリスクを高めるということにもなるのです。



腸内環境のカギを握っているのは胃や小腸、 大腸などに棲みついている300種類、 100兆個にもおよぶと言われる 「 腸内細菌 」 です。

腸内細菌は、あらゆる食べ物が胃酸や胆汁などによって 消化される消化菅という過酷な環境の中でも生き続ける ことのできる特殊な菌です。

腸内細菌は消化液にも負けることなく、 人間が摂取した食べ物や腸管の分泌液などを 栄養源として生き延びるのです。 腸内細菌は消化管の壁に定着して、 侵入してきた病原菌や有害菌の増殖を防ぎ、 感染から体を強力に守るといわれています。



特に便秘と腸内細菌とのかかわりで重要になるのが、 「 ぜん動運動 」 の活性化です。



この腸内細菌には体にとって有益な働きをする 「 善玉菌 」 と、悪さをする 「 悪玉菌 」 があり、 理想の腸内環境とは善玉菌が優勢であることが ポイントとなります。



最も分かりやすく説明すると、腸内に生息している善玉菌 の数が悪玉菌の数を上回っていれば腸は健康でいられますし、 便秘に悩むこともありません。

つまり、善玉菌の数が増えれば増えるほど健康な腸を 保ち続けられるわけですが、 では、どうやったら善玉菌の数を増やすことが できるのでしょうか?

そこで係わってくるのが 「 乳酸菌 」 なのです。 善玉菌を増やすには乳酸菌が大量に必要になります。 なぜ乳酸菌が大量に必要になるのかというと、 善玉菌は乳酸菌を食べて増殖していくからなんです。

乳酸菌は善玉菌のエサになる菌なので、 乳酸菌を大量に摂取すれば、それだけ善玉菌のエサが 増えるということなので腸内環境も健康に保たれます。 つまり、乳酸菌の数が多ければ多いほど善玉菌のエサが 増えることになるので、善玉菌もどんどん増えていくわけです。

その結果、善玉菌の数が悪玉菌の数を上回ることで 健康な腸が保たれて便秘が解消されるわけなんです。

しかし、便秘の人や日頃から乳酸菌をあまり摂らない 人の腸内環境は悪玉菌が優勢になってしまっています。 悪玉菌が優勢であると、腸の 「 ぜん動運動 」 が 低下するため、便はますます出にくくなります。

悪玉菌の多い腸内では、インドールやスカトール といった老廃物も多くなります。 悪臭を放つオナラや便の原因も、腸内環境の悪化 によって発生したインドールやスカトールが 原因なのです。

逆に、乳酸菌や食物繊維の摂取が多く、快便の人の 腸内環境は善玉菌が優位なので、インドールや スカトールが少ないことから、 オナラや便自体も、さほど悪臭にはならないのです。

自分のオナラや便が 「 臭いな! 」 と思ったら、 それは腸内に 「 悪玉菌 」 が多く発生しているというサイン。 最悪の場合には、口臭や体臭としてニオイが発生する 場合もあるので、そうならないためにも、 乳酸菌を摂取して便秘を解消し、 「 善玉菌が多い腸 」 を作ることが大切なのです。

しかし、乳酸菌を含んだ食べ物やヨーグルトなどの 乳製品から乳酸菌を摂取しようとすると、 かなりの量を食べなくてはいけなくなったり、 本来なら乳酸菌は毎日摂取しなければいけないのに、 ついつい面倒になって、続かなくなってしまうものです。

そこで、お勧めなのが乳酸菌サプリ。。 ほとんどがカプセルタイプになっているので、 面倒なく毎日きちんと乳酸菌が摂取できるのがいいですね。 経済的にも、毎日ヨーグルトを食べるよりも、 乳酸菌サプリのほうが安価なので、 お金をかけずに、毎日きちんと一定量の乳酸菌を摂取することを 考えたら乳酸菌サプリが断然お得だと思います。

【 頑固な便秘対策 】
乳酸菌革命

このページの先頭へ