便秘を放っておくと大変なことに

便秘薬の副作用

便秘薬にも恐ろしい副作用があることをご存知ですか? 薬局に行けば、さまざまな種類の便秘薬が売られてますが、 便秘薬には副作用があることを知らない人も多いのです。 そして、副作用もさまざまな症状があります。

本来なら自然の力で出すべき便を便秘薬の力で 無理矢理出すわけですから、当然副作用だって起こるのは 当たり前のこと。

頑固な便秘にならないように便秘薬を常用することは 根本的な便秘解消法とは言えません。 基本的に便秘薬は一時的に便秘を解消する薬であって、 根本から便秘を治療する薬ではないからです。

便秘薬ばかりに頼っていると、 ますます便秘が重症化して便秘薬依存症になってしまい、 さまざまな副作用がでてきます。

では、具体的にどんな副作用がでるのか 詳しく説明していきましょう。


便秘薬と副作用

健康な排便には結腸・直腸・肛門の連携プレーが 必要です。 この連携プレーには、脳や第2の脳といわれる 腸の神経系がかかわってきます。 便秘薬に頼って便秘を解消する習慣を続けていると、 副作用によりこうした腸のメカニズムに障害が起こり、 排便力が衰えて自力で排便できなくなってしまうのです。



これは、わかりやすく言えば、筋肉の衰えと同じです。 使っていない筋肉は筋力が低下していくように、 腸もまた便秘薬に頼り過ぎて怠けきってしまうと、 副作用で働きが徐々に鈍くなってしまうのです。

また、腹部の不快感や腹部膨満感、残便感などに いつも悩まされるようになります。 副作用による便秘の症状も慢性化していきます。

さらに重症な副作用になると、 血液中のカリウム値が低くなり、動悸や脈の乱れ、 倦怠感や筋肉痛が起こる 「 低カリウム血症 」、 血液中のナトリウムなどの塩分が過剰となり、 むくみや高血圧を起こす 「 塩類過剰症 」 などの副作用が 起こることもあります。

そして、最も怖い副作用が、 便秘薬の長期服用で、大腸そのものの形態( 大腸の形 )に 異常が起こってくる可能性があることです。 これは 「 大腸メラノーシス 」( 大腸黒皮症 )というもので、 アントラキノン系便秘薬の長期服用者によく見られる 便秘薬の飲み過ぎによる副作用です。



便秘薬の定番と言われるアントラキノン系の便秘薬は、 結腸を刺激して排便を促す便秘薬です。 つまり、動きの悪い腸を薬の力で無理矢理動かすのです。

このため、こうした便秘薬を服用すると、 おなかがキューッと痛くなり、人によっては下痢便 のような状態で便が出てくることになります。 即効性があるため、市販薬でも多くの種類がありますし、 病院などでも便秘薬を処方されることもあります。

しかし、長期の服用を続けていると副作用で 大腸メラノーシスを起し、腸の壁に黒いシミが発生します。 アントラキノン系の便秘薬が体内に入ると 代謝( 新旧の入れ替わり状態 )の過程から、 腸にメラニンのような色素沈着がおこるのです。



大腸メラノーシスは自覚症状こそないものの、 黒い色素の沈着が腸管の神経にも影響して、 大腸が、まるで伸びた切ってしまった硬いゴムホース のような状態になり、動きが弱まってしまいます。 その結果、ただでさえ弱くなっている大腸の働きを ますます弱めてしまうことになるのです。 とても危険な副作用ですね。

便意の感じない人( 便秘薬に依存している重症の便秘の人 ) の腸を内視鏡で見ると、ほとんどに、 この大腸メラノーシスが認められます。 腸の粘膜が褐色だったり、ひどくなると真っ黒になったり しているのです。

何気なく飲んでしまっている便秘薬でも、 長期間飲み続けたり、便秘薬依存症になると副作用が起こります。 ここまで腸がひどい状態にならないためにも、 便秘薬依存症を早急に解消して、健康な腸を取り戻すことが 大切なのです。

便秘薬の副作用によって、いろんな病気を発症したまま、 放っておくと大腸がんなどになる可能性もあります。 そういった事にならないためにも、 まずは便秘薬で便を出すという悪い習慣を断ち切ることです。 便秘薬の替わりに乳酸菌や食物繊維などを多く摂るようにして、 最終的には便秘薬に頼らない健康な腸を取り戻すことで、 副作用によって起こってしまった、さまざまな症状も自然に 治っていくよう心がけましょう。

便秘薬が手放せない「便秘薬依存症」が増えている

便秘薬依存症とは簡単に言ってしまえば、 最初は週に数回程度しか飲まなかった便秘薬が、 次第に飲む回数が増えていき、 気づいてみたら便秘薬を飲まなければ、 便秘が解消できない体になってしまうこと。

軽い便秘なのに、何の気なしに使っていた便秘薬が、 徐々にエスカレートしていき、 便秘薬を飲まなければ便が出なかったり、 規定の服用量では効かないため便秘薬の量が増えてしまったりを 繰り返しているうちに便秘薬依存症になってしまった というケースが増えています。 なぜ、そんなに 「 便秘薬依存症 」 の人が増えてしまった のでしょうか?
「 おなかにガスがたまって苦しい。。 」
「 便がものすごく硬くなってしまった。。 」
便秘が続くと、まずはこうした不快な症状が現れます。

便秘によって便が硬くなり、直腸に近い S状結腸付近に便がたまってくると、 1日に2~3リットルは排出されるはずのガスが 出ないでたまってきます。

ガスが2~3リットルたまるということは、 例えれば、500ml入りのペットボトル 4~6本分のガスが、おなかの中に入っているのと同じです。 経験した人でなければわかりませんが、 かなり、おなかが張って苦しいものです。



そして、便秘の人達は、この苦しさから逃れるために、 便秘薬に手を伸ばしてしまうのです。

さらに、便秘薬を飲んでも翌日に便が出ない ということになれば、再び便秘薬に手を伸ばす ことになります。
「 なんとかして頑固な便秘が解消されるまでは。。 」
と、決められた服用量よりも、さらに多い量を 服用するようになってしまうのです。

こうした行為を続けているうちに段々とエスカレート していってしまい、便秘薬を手放せない状態になっているのが 「 便秘薬依存症 」 の人なのです。

便秘薬依存症になってしまうと、 どこかで、この悪い流れを断ち切らなければ ますます便秘薬依存症から抜け出せなくなってしまいます。
まだ、軽い便秘の人は なるべく便秘薬に頼らないで便を出すこと。 すでに便秘薬依存症になってしまった人は、 個人の判断ではなく、便秘外来の医師などと 相談しながら、便秘薬依存症から抜け出せるよう 努力することをお勧めします。

【 頑固な便秘対策 】
乳酸菌革命

このページの先頭へ