ワキガ臭・脇の下の汗のニオイ対策

ワキガと多汗症は違う?

ワキガと多汗症の違いがよくわからない、 そんな話をたまに見かけます。
実際に僕が質問をもらったりしたわけじゃないのですが、 ネットでそういう話を見かけることがあるので、 今回はワキガと多汗症の違いについて書いてみたいと思います。
この二つ全く違うのですが、 同時に併発することもあるので、間違う人がいるのでしょうね。

この二つの決定的な違いは臭いか汗かです。 ワキガというのは独特の嫌な臭いがでてしまうことを指し、 多汗症は汗が沢山でてしまう症状のことを言います。

ワキガは臭いがポイント

ワキガの最大の特徴は臭いです。
独特の臭気があり、そ の臭いが発生している状態のことをワキガといいます。

このワキガ臭というのは汗が出ていてもでていなくても発生するものなので、 汗とは全く関係が無く、ワキガ臭がするかどうか、 これだけでワキガかどうかが決まるというわけです。

ワキガの臭いは少し独特で、 他で似たような臭いを嗅ぐことはほとんど無いと思いますが、 カレーの香辛料の一つ、 クミンの臭いなんかは似ているという人もいますし、 鉛筆のような臭いと表現する人もいます。
ワキガの原因はアポクリン腺という汗腺から出てくる物質と皮膚にいる常在菌で、 常在菌が汗に含まれている臭いの元になる成分を分解することで臭いを発生させています。

普通の汗ならばいくら常在菌がいてもワキガ臭にはならず、 アポクリン腺という特殊な汗腺を生まれ持った体質の人だけワキガになってしまいます。
汗をかかなくても臭いは発生するのですが、 汗をかいたときには汗で臭いが拡散してより強く感じてしまうので、 汗はできるだけかかないほうが臭いは軽減されます。

多汗症は汗の量がポイント

多汗症の場合は汗の量がポイントになります。
脇の多汗症、腋窩多汗症というのですが、 異常な量の汗が脇からでる人のことをいいます。
これは臭いとは全く関係ありません。 それと、誰でも脇に汗はかくので、 量が異常にでる場合のみ多汗症という言葉を使います。

どの程度というのは難しく、汗っかきと多汗症は紙一重ですね。 暑いときに汗をかくのは正常ですが、 その量が異常( 服の脇の部分が常にびしょびしょになるとか )、 暑くもないのに大量の脇汗が出てくる、 という場合は腋窩多汗症だと言えると思います。
原因はいくつかあるのですが、ほとんどは精神的なことが要因です。 精神性発汗などともいわれ、誰でもなる可能性があります。
主に暑いとき、ストレスがかかった時、緊張したときなどに大量に汗が出るという人が多いと思います。

ワキガと多汗症の見分け方

これは実に簡単です。
先ほど書いたように汗が沢山でていれば多汗症、臭いがきつければワキガです。
ただワキガの人は多汗症も併発していることが多いです。 なので汗が沢山でて、 さらにきつい臭いを発生させているなんて人がかなり多いので、 ワキガだから多汗症ではないとか、 多汗症だからワキガじゃないということはありません。
どっちも同時に発生する可能性があるのです。

汗臭いのとワキガは勘違いしやすいです

ワキガの特徴は臭いだということはすでに書いたとおりですが、 多汗症だけだったとしても多少匂うことはあります。
いわゆる汗臭いというやつです。
酸っぱい臭い、かび臭い臭い、雑巾のような臭い、 このあたりの臭いはワキガ臭ではなく、 汗臭いといわれる部類なので多汗症の人でも発生する可能性があります。

ワキガの場合は独特のきつい臭いですから、 多汗症の汗臭さとは全く別のものです。 たまに汗臭いのを勘違いしてワキガだというひともいますが、 一度でもワキガ臭を嗅いだことがある人ならばそういう間違いはしないと思います。

以上のようにワキガと多汗症というのは全く別のもので、原因も発生条件も何もかもが違います。

【 女のワキガ対策 】
ワキガ手術に行く前にクリアネオ

【 男のワキガ対策 】
クリアネオ メンズ

【 お子様のワキガ対策 】
お子様のわきが対策クリアネオ

このページの先頭へ