ワキガの臭いの種類

ワキガ臭とは

ワキガという症状については多くの人が知っていることと思いますが、 その臭いの種類は人によって異なります。

脇の下周辺は特に汗をかきやすい部分であることから、 単に汗の臭いをワキガの臭いと勘違いしている人もいます。

人によっては普段から食べている食べ物の影響( 特に臭いが強く出る肉食など ) によって、 ワキガ本来の臭いと他の臭いがミックスされたようになったり、 汗や体臭や香水が混じってしまい、ワキガかどうか正しく判断ができないこともあります。

また、ワキガの臭いはアポクリン腺の数、太さ、原因菌の数に影響を受けるため、 臭いの強さが人により強かったり、弱かったりと、様々な種類の臭いを発します。

ここでは、自分のカラダから発している気になる臭いがワキガの臭いなのかどうかを判断する助け、 また、他の重要な疾患にかかっていないかなど確認できるよう、 ワキガの臭いと、その他の臭いの違いについて紹介していきます。

なぜワキガ臭は人によって臭いの種類が違ってくるのか?

ワキガの主な原因は、アポクリン腺から出る汗にあります。

人間の体には、汗を出す汗腺として 「 エクリン腺 」 と 「 アボクリン腺 」 という 2種類の汗腺が存在するのですが、

ワキガの原因を作っているのが 「 アボクリン腺 」 です。

ワキガ臭が人によって異なる理由のひとつは このアポクリン腺から出る分泌物の種類が非常に多いためです。
( 下図参照 )



アポクリン腺から出る分泌物は主に脂質やタンパク質と記載されることが多いですが、
更に追記すると、ステロイド、糖質、アンモニア、 ピルビン酸、リポフスチン、鉄分など数十種類以上にも及びます。

また、それぞれの物質をコリネバクテリウムなどの複数の原因菌が分解するため、 臭いが多様になります。

また、脇の下にはアポクリン腺以外にエクリン腺と皮脂腺があります。 それぞれは本来無臭ではあるものの、食べ物や運動などによる影響を受け、 皮脂腺はアポクリン腺と同様分解されると臭いの元になるため、 更に複雑な臭いとなり、ワキガは人によって異なる臭いとなります。



● ワキガの臭いは本来1つだけとは限らない

人間は数種類の臭いを一度に嗅いでも、 それを一つの臭いとして認識してしまいます。

例えば、コーヒーの匂い一つとっても、 その香り成分は数十種類に及ぶものの、 人がコーヒーの香りを嗅ぐと、 「 コーヒーの臭い 」 として認識し、 コーヒーの臭いを構成しているそれぞれの物質の臭いは認識できません。

ワキガの臭いも同様で、異なる種類の臭いが異なる分量で混ざった結果、 ワキガは人によって異なる臭いを発するとされています。

ワキガの疑いが高いとされる臭い

ワキガの臭いの種類は人によって異なるだけでなく、 人によっては日によって臭いが異なったり、 部位によって臭いが異なることもあります。

以下は、ワキガの疑いが高いとされる臭いのイメージを代表的な単語で紹介しますので参考にしてみてください。



● 鉛筆臭
ワキガ臭を表現するときに最も多用される表現です。
単に 「 鉛筆の臭い 」 と言う場合や、 鉛筆の中でも、 「 鉛筆の芯の臭い 」、 「 鉛筆の削りカスの臭い 」 などとも表現されます。

特に臭いがきつい場合には 「 鉛筆の芯、削りカスを濃縮した臭い 」 などとも言われます。
この臭いに近い表現では、 「 鉄系の臭い 」、 「 使い古した10円玉の臭い 」、 「 粘土が腐った臭い 」 などと表現されることもあります。



● 洗濯バサミ臭
ワキガを表現するときに、次によく用いられるが、この 「 洗濯バサミの臭い 」 です。

洗濯バサミ( プラスチック )を長期に屋外で使用すると、 紫外線等により酸化し、臭いを発生するのですが、 この臭いとワキガの臭いが似ているため、このような表現が用いられます。

そのため、普段外に出しっぱなしの洗濯バサミを部屋の中に入れたりすると、 突然ワキガになった、などと勘違いすることもあります。



● ネギ臭
「 ツン 」 とするネギの臭いです。
ツンとした特有の臭いと、人によっては鼻粘膜への刺激が強いため、 ネギや玉ねぎを刻んだ時に発生する 「 刻みネギ 」、あるいは 「 刻み玉ねぎ 」 などとも表現されます。

また、ネギ臭はツンとした臭いだけでなく、 腐敗臭が交じることもあり、 「 腐ったネギ 」、あるいは、 「 腐った玉ねぎ 」 と表現されることもあります。

食べ物のネギそのものが体臭を発生しやすく、 臭い残りもしやすいため、勘違いの場合もあります。

ちなみに僕が体験した 「 ワキガ臭 」 が、これに近かったのですが、 ツーンとした臭いというより、腐りかけの玉ねぎに甘い臭いが混じったような臭いでした( 汗 )


● 香辛料の臭い
大きくはクミンの臭いとお菓子のドンタコスの臭いに大別されるようです。 スパイシー系の臭いは人の差が大きく、 どんより曇ったスパイスのような臭いだと悪臭とされますが、 人によってはよい匂いの人も多数います。

また、食べ物としての香辛料はワキガの臭いを助長する代表的な食べ物とされています。



● お惣菜の臭い
シュウマイ、お肉、蒸したお肉、などと言われます。
これら食べ物の臭いに近しいものに、悪臭の場合は 「 腐った油の臭い 」 とも言われます。
お惣菜系の臭いも多く、化粧品系マンダムの調査ではワキガの約3%がこのタイプに属するそうです。



● 生ごみ、腐敗臭
「 生ゴミが腐ったような匂い 」、 「 納豆臭 」、 「 雑巾の臭い 」、 「 うにの腐った臭い 」 などと言われます。

この表現はここまでに挙げた臭いから独立した異なる臭いではなく、 上記の臭いを異なる語彙で表現した場合が多いようです。

ワキガではない臭い

体臭は人によって感じ方が異なるものの、 不快感を与える体臭はワキガと勘違いされることも多々あります。

しかし、いくつかの体臭は悪臭ではあるものの、 ワキガでなかったり、時にはワキガよりも重要な疾患であることも珍しくありません。 ここでは、臭いそのものに注目し、ワキガ以外の一般的な体臭について紹介していきます。



● 酸っぱい臭い
酸っぱい臭いの多くはエクリン腺から出る汗の臭いです。

もう少し具体的いうと、エクリン腺から出る汗を 皮膚常駐菌( 表皮ブドウ球菌など )が分解した時に発する酢酸、 乳酸エチル、イソ吉草酸、酪酸などの臭いです。

このうち、酢酸はアポクリン腺から分泌されるプロピオン酸と臭いが似ていることから、 ワキガ臭と似ていると言われることもありますが、ワキガではありません。

また、いくつかの文献では酪酸はアポクリン腺とエクリン腺の両方の分泌物から作られるため、 もしかしたら、臭いの区別が付かないこともあるかもしれません。

その他、足の裏のような酸っぱい臭いにイソ吉草酸があります。
イソ吉草酸( 3 -メチルブタン酸 )が生じる原因はエクリン腺による汗と皮脂を栄養素として、 細菌が増殖した結果、イソ吉草酸を分泌します。 この細菌は高温多湿を好むことから、足だけでなく、 脇の下に汗をかきやすい人はこの臭いを発することもありますが、 この臭いもワキガとは全く関係ありません。

このように、エクリン腺から出るこれらの汗と皮膚の細菌活動で酸っぱい臭いが発生しますが、 酸っぱい臭いは基本的にワキガではありません。



● アンモニア臭
アンモニア臭も基本的にはエクリン腺の汗の臭いです。

人は腸や肝臓でアンモニアを処理しますが、 この腸や肝臓が弱ると全身、または、汗腺からアンモニア臭がすることがあります。
理由は弱った腸や肝臓がアンモニアを処理できず、 血中にアンモニアがいつまでも残り、 それが血液を通じて汗として排出されるからです。

また、運動によって血中のアンモニアと乳酸濃度が上昇します。 これら、乳酸とアンモニアは汗を通じて排出されるとともに、 エクリン腺の汗は皮膚細菌によって尿素を作り出すこともオランダの研究論文などで発表されています。

これらアンモニア臭は、食事の見直しや腸内環境の正常化、便秘の改善などで臭いはなくなっていきます。 そのため、アンモニア臭はワキガと間違われることも多いようですが、ワキガ臭ではありません。



● 便の臭い
便臭あるいは腐敗臭と言われる体臭は便秘によってもたらされます。

理由は便秘になるとウエルシュ菌と言われる悪玉菌が増加し、 大腸内にインドールやスカトールなどのガスが発生し、 その臭いが血液へと遷移し、 最終的には呼気や汗を通じて体の外に出るため便独特の臭いを発するからです。

呼気以外にも体臭、特に汗を通じて臭いを発するため、 ワキガと間違えられることもありますが、 腸内に善玉菌が増え、便秘が治ると自然と臭いはなくなります。



● 加齢臭
加齢臭は 「 酸っぱい油の臭い 」 「 古くなった油の臭い 」 「 おやじの枕の臭い 」 「 お線香の臭い 」 「 腐った魚の臭い 」 などと表現されます。

加齢臭の原因は、ワキガと非常によく似ており、皮脂とそれを分解する常駐菌によってもたらされます。 具体的には、皮脂に含まれるヘキサデセン酸( 脂肪酸の一種 )が分解され、ノネナールを発生させます。

女性は年齢とともに皮脂量が減ることから、 加齢臭人口は男性と比較すると少ないようです。 女性ホルモンが皮脂の分泌を抑える働きを持っているため、 ホルモンバランスが正常な場合、皮脂が過剰に出ることがありません。 皮脂量を減少させるには、食事や生活の見直し、ストレスの排除等が有効です。

また、常駐菌の殺菌、減菌にはワキガと同様の製品の使用で臭いを抑えることができます。



● 獣臭( けものしゅう )
犬、野生の動物、マトンなど、動物やお肉の臭いで表現されます。 獣臭の原因は肉食、特に赤身のお肉の高タンパク質が原因です。

ある実験において、2週間赤身のお肉を食べ続けた結果、 不快な臭いを発することが確認されました。

原因は、お肉は消化するのに長い時間を必要とするため、 消化の間に腸内の細菌が分解過程で悪臭を生じ、 汗や排便、呼吸、皮脂から余分な油やタンパク質を放出し、体臭がきつくなり、 それは肉食を中心とする野生動物と同じ臭いとなるからです。

お肉以外にトレーニングなどで利用するプロテインなどの過剰摂取も同様の臭いになることがあるようです。

また、お肉や他のタンパク質を消化する力が弱いことから、肝臓、腸などの病気、便秘の可能性もあります。 この臭いは肉食、とくに赤身のお肉を取り過ぎず、バランスの良い食事に変えることで抑えることができます。



● 魚の臭い
魚の臭いはトリメチルアミン尿症という病気が原因です。

トリメチルアミン尿は腐敗した魚の臭いがするため、 別名、魚臭症、魚臭症候群とも呼ばれます。
臭いの原因は摂取した食物を体内で消化分解した際に発生したトリメチルアミンが分解されず、 汗や尿、呼気の中に排出されてしまうため起こります。

魚以外にも、生臭い臭い、便臭、生ゴミの臭い、下水道の臭いなどと表現されることもあります。 汗のほか、尿、生殖体液、息から同様の臭いを放ちます。

治療法はまだなく、食事やカウンセリングなどを通じた自己管理で臭いを抑えることができます。



● 甘酸っぱい臭い
甘酸っぱい臭いは糖尿病など病気の可能性以外では、 ダイエットや高脂肪食品の取り過ぎが原因です。

ダイエット、特に炭水化物や糖質を抜くと、代謝エネルギーの糖分が使えないため、 代わりに脂肪酸を分解したケトン体という物質を利用しようとします。 このケトン体が増加すると、尿、口臭、汗から体臭として甘酸っぱい臭いを放つようになります。

また、ダイエットや高脂肪食品の取り過ぎ以外に、激しい運動で糖分が不足しても起こることがあります。 この甘酸っぱい臭いは、糖分を取る、高脂肪食品の摂取を控える、スポーツドリンクを飲むなどで解消できます。

もしもワキガに該当していたら?

こんにちは。
当サイト管理人のkazuです。
実は、僕自身も15年間 「 重度のワキガ 」 に悩み苦しみ、 意を決してワキガ手術にまで挑んだものの、 5年後に再発してしまったという苦い経験を持っています。。

いまでは 「 重度のワキガ 」 から、周囲にはほとんど気付かれない 「 軽度のワキガ 」 にまで回復することに成功した実績も踏まえて、 ワキガの悩みに関するアドバイスなどをさせていただきたいと思います。


さて、上記で紹介したように、
「 ワキガの臭い 」 と 「 ワキガでない臭い 」 を見て、 自分がワキガなのか?ワキガではないのか?が分かってもらえたと思います。

では、もしもワキガに該当していた場合、ワキガに対するケアはどのようにしたらいいのか?


ひとくちに 「 ワキガ 」 と言っても、その臭いの種類はもちろんのこと、 症状やワキガの臭いの強い人、弱い人がいます。
通常、臭いの強いワキガを 「 重度のワキガ 」 、臭いの弱い人を 「 軽度のワキガ 」 と呼んでいます。

正直な話、 「 重度のワキガ 」 である場合、 普通の人のように臭いの無い体質にすることは100%とは言いませんが、 かなり困難に近いと言ってもいいでしょう。

重度のワキガというのは、特に運動などしていなく、普通の状態でいても 脇の下から汗が出て、周囲の人にが不快に思うくらいの強烈な臭いを放ちます。

そして、
市販の制汗剤やデオドラント剤ではほとんど効き目がないくらいのワキガの程度と 考えてもらえばいいと思います。

ただ、 重度のワキガだからといって悲観することはありません。 ケアの方法や特殊な制汗剤やデオドラント剤で 「 重度 」 から 「 軽度 」 にすることは十分可能だからです。

軽度のワキガというのは、普段はほとんど臭いはしないけど、 汗をかいたときや脇に鼻を近づけた時に自分だけに分かるような状態です。


なぜ、そんなことが言い切れるのかと言うと、
僕自身も過去にワキガ手術をして失敗した苦い経験があり、
その後、ケア方法を変えることで 「 重度のワキガ 」 から 「 軽度のワキガ 」 へとワキガを 軽減させることが出来たからです。


僕は27歳の時に 「 吸引法 」 というワキガ手術を受けたことがあります。
費用は15万円程度で手術跡も1センチ程度で、それほど目立つものではありませんでした。
手術をして2年くらいは脇汗もそれほどなく、臭いも無く、
「 こんな簡単にワキガが治るんならもっと早くやっておけばよかった 」
と思ったほど順調でした。

ところが、わずか5年後には手術前のワキガ体質に戻ってしまったのです。

よく、ワキガ体質を改善するには、
「 食事内容を改善したほうがいい 」
「 運動をして汗を流したほうがいい 」
「 こまめに汗拭きシートなどで拭くのがいい 」

など、いろんな方法がネットや専門書などで書かれていますが、
実際にやってみると、結構な手間と時間がかかったりするものです。

日ごろ忙しく仕事をしている人なら分かると思いますが、
手間と時間がかかるということは、よっぽどの強い意志がないと長続きしませんよね。
さらに、ほとんどの方法が効果がないのが実情で、
結局は「 手間 」 と 「 時間 」 をかけないで何とかワキガ対策するには、 市販の制汗剤やデオドラント剤に頼らざるを得くなってしまうのが現実なわけです。

けれども、

ドラッグストアなどで手軽に手に入る 制汗剤やデオドラント剤ではワキガには効果はありません。
恐らくワキガ体質の人なら、そんなことは十分承知していると思いますが。。

それでもやっぱり制汗剤やデオドラント剤に頼りたくなってしまうのは 「 手間 」 と 「 時間 」 がかからないからですよね。

では、何で市販の制汗剤やデオドラント剤はワキガには効かないんでしょうか?

ワキガには市販の制汗スプレーは効かない理由

ワキガの原因は 「 アボクリン汗腺 」 から 出る汗によるものと最初に説明したように、

そもそも、エイトフォーなどに代表される制汗スプレー類は、 「 エクリン汗腺 」 から出る汗の臭い、、、いわゆる 「 汗くさい 」 と 言われている臭いを抑えるものであって、

「 アボクリン汗腺 」 から出るワキガの臭いを抑えるものではありません。



そこのところをよく理解していないで、
ワキガにも効くものと勘違いをして、
「 あのスプレーも効かない! 」
「 このスプレーも効かない! 」
と言っても、それは当たり前のことなんです。

さらに、もう1つ、
ワキガの人に、 市販の制汗スプレーやデオドラントが効かない決定的な理由があります。
その理由をお話ししましょう。。

まず、ドラッグストアなどで売られている 市販の制汗スプレーやデオドラントは 一般的にどういった人たちをターゲットにして販売されているのかを考えてみてください?

もともと日本人は外国人と比べてみても、非常に体臭が弱い人種といわれています。
従って、汗をかいてもニオイがしにくい体質になっているんです。
ワキガ体質の人でも、外国人に比べたら、かなり低い程度になってます。

ただ、日本人の場合、外国人と比べて、ワキガ体質の人の割合が非常に少ないため、 特に臭いに敏感だと言われる日本人の中にいると目立ってしまうだけなんですね。
恐らく、外国人からしてみたら 「 普通 」 に感じられるかもしれませんが。。

従って、日本国内で市販されている制汗スプレーやデオドラントは、 当然のことながら、 体臭の少ない日本人向けに製造されているので、効き目がそれほど強くありません。

どちらかというと、臭いや汗を抑えるというより、いいニオイがする香料が入っていたり、 ひんやりとして気持ち良い感触があったりといったほうに重点を置いている商品の方が多くなるのです。


そもそも、市販のスプレーなどは 「 ワキガの臭いを抑える 」 ことを目的としているわけではありません。
いわゆる 「 普通の汗臭さ 」 を抑えるためです。
となると、制汗スプレーやデオドラントに含まれる成分自体も 全く違うものになってきますから、当然、ワキガには効くはずがないのです。


ワキガ体質の人は日本人全体のうち10%程度だといわれています。
従って、制汗スプレーやデオドラント商品を製造・販売しているメーカーや企業からしてみれば、


わずか10%以下のワキガ体質の人たちをターゲットに商品を開発するよりは、 ワキガ体質でない90%の人たちをターゲットにした 商品を開発・大量生産したほうがたくさん売れて儲かりますよね。
だから、ワキガ体質の人には市販のデオドラント商品が効かないのは 当たり前のことなんです。。


仮にワキガ体質の人をターゲットに商品を開発したとしても、 販売規模からしたら儲けにつながりません。

最初から儲けにつながらない商品を多額なコストをかけて開発する企業は ボランティアではないのですから存在しないのです。
そこが社会の現実であり、当たり前のことといえば当たり前のことなんですね。

これが市販されている制汗剤やデオドラント剤がワキガ体質の人には 効かない決定的な理由です。

市販の制汗スプレーは体臭の少ない人にとってのエチケットの面もありますが、 一種のオシャレのような位置づけになっていて、 ワキガ体質の人たちが求めているような体臭が強い人に向けて作られた 消臭効果の高いデオドラントではないということです。

ワキガ体質のように体臭の強い人向けの制汗剤はないのか?

では、ワキガ体質の人が使えるような制汗剤やデオドラント剤は日本にはないのでしょうか?

市販されているデオドラントの中にはニオイや汗を抑える効果が高いと謳って( うたって ) いるものもありますが、
実際の話し、千円程度で買える商品にワキガを抑える効果が期待できるなんて、 どう考えても、あり得ない話しだと僕は思います。

最も期待できるのはネットで販売されている制汗剤やデオドラント商品でしょう。

市販されているものの大半は体臭が弱い人向けなのに対して、 ネット販売されている商品は、市販のものでは満足できなかったり、効果がなかったりして、 どこの店で、どんな商品がワキガ体質に効くのかを真剣に探してくる人が多いので、 強い制汗効果と消臭効果があるデオドラントの方が需要があり、 販売企業側もそれを熟知した上で製造・販売をしています。

ちなみに、体臭の強い外国人向けに造られた外国製の制汗剤やデオドラントを使っている という人もいますが、やはりドラッグストアなどでは手に入れることが出来ないので、 こちらもネットで購入するしか方法はありません。
ただし、外国製の制汗剤やデオドラントは臭いを抑える効果はよいのですが、 日本人の肌に合わないというトラブルも多いようです。

当サイト管理人の愛用品は。。

僕が重度のワキガであったことは先程言ったとおりで、 しかもワキガ手術に1度失敗しているといった苦い経験も持っています。

僕自身もワキガ手術をする前は、何の知識もなかったので、 効果がないのが分かっていても、市販のスプレーやデオドラントを使うしかありませんでした。

ワキガ手術に失敗して、真剣に 「 ワキガ専用の薬 」 を探しているときに、 先程説明したとおり、市販の制汗剤やデオドラント剤がワキガには効かない理由を 知って、 それ以来、ネットで 「 ワキガ専用 」 の制汗剤・デオドラント剤を使うようになったのです。

ここまで辿り着くのに15年も費やしてしまったのは、 何とも悔やまれる限りですが、いろんな情報を手に入れることは本当に 大事なことだと実感しました。。。

僕も、最初はネットでいろんな商品を買って試してみたので、
1つだけ言えることがあるのですが、 ワキガの場合、人によって臭いが強い人もいれば、臭いが比較的弱い人もいます。
脇汗の量だって多い人、少ない人と十人十色であるわけで、全員が全員同じ商品で 同じ効果が期待できるとは限らないということです。


なので、1つの商品を使ってみて効果がなかったからといって諦めてしまうのは 判断が早すぎるということだけは、僕の経験からいって確実に言えることです。


さて、これはあくまでも僕自身がいろんな商品を試してみた結果、 自分のワキガ体質に一番合っていたのが クリアネオ という商品でした。


僕の場合、重度のワキガだったので、完全にワキガの臭いを抑えることは無理ですが、

脇汗がほとんど出なくなったことによって、 今までより4分の1程度まで臭いを抑えられるようになったことが何よりの収穫でした。

物流関係の仕事をしているので、ほぼ1日中カラダは動かしている状態です。
当然、汗はかきますが、脇の下はほとんど汗はかきません。
汗をかかなくなったことで、脇の下の臭いも直接鼻を近づけて嗅いでみると、 かすかに臭う程度で、以前のように周りに気付かれるほど臭いはしなくなりました。



脇の下に塗る量はワキガの程度によって変えてもらえばいいのですが、
僕の場合、ワキガの程度が強いので、出勤前に脇の下をキレイにして、右脇と左脇に それぞれワンプッシュしてから脇の下の毛穴に浸透するようによく塗りこみます。

夜は風呂上りに、もう1度ワンプッシュずつ。
ワキガの程度が軽い人なら出勤前にワンプッシュするだけで十分ですね。

つまり、

ワキガの程度が軽い人なら1日に1回。
僕はワキガの程度が重いので1日に2回で、約50日程度使えてます。


大袈裟な言い方かもしれませんが、僕からしたら夢と希望を与えてくれたモノ。。 と言っても言い過ぎではありません。

ワキガ体質だというだけで15年間も悩んで、 人と接するのが怖くて堪らなかった自分が、 ワキガの臭いを半分以下に軽減できただけで、 こんなに世界が変わるんだということを身をもって実感してます。

あくまでも、僕自身が使ってみての感想なので、 ワキガ体質の人全員に僕と同じ効果が100%あるとは言えませんが、

僕もそうだったように、本当にワキガを治したいのであれば、 1つの商品でダメでも、それで諦めないで違う商品も試してみることです。
そうやって、自分のワキガ体質に合った商品を探し出すことも大事なことです。

いろいろ試しているうちに自分に合ったモノが必ず見つかるハズですから、 諦めてはいけません。

また、 クリアネオ には、 「 永久返金保障 」 という制度があります。
使用後、効果がなければ何日経っても返金が可能です。

なので、まずは自分のワキガ体質に効果があるのか1週間程度試してみることです。
2、3日試した程度では本当の効果を実感するのは難しいと思いますので、 最低1週間は試してみることをお勧めします。

そしてもし、効果がなかったり、体質に合わない場合は返金保障を利用すれば、 次の違う商品を試す費用として回せるので、 一度は試してみる価値はあります。

僕自身も、こうやっていくつもの商品を試しているうちに、 自分の体質に合った商品を見つけることができ、 「 重度のワキガ 」 から 「 軽度のワキガ 」 まで回復することができたので、 「 軽度のワキガ 」 の人なら、ほぼ無臭の状態までもっていけることが十分期待できます。

効果の無い市販のスプレーやデオドラント剤に無駄な出費を重ねているよりも、 極力無駄な出費を抑え、かつ確実にワキガを治す。 この方法でワキガの悩みから早く開放されるよう応援してます。



悩んでばかりいて、何も行動しなければ、一生何も変わりません。
僕自身も行動することで、 人生が180度変わったように、行動すれば、きっと 「 あなた 」 にも幸運が訪れるはずです。

【 女のワキガ対策 】
ワキガ手術に行く前にクリアネオ

【 男のワキガ対策 】
クリアネオ メンズ

【 お子様のワキガ対策 】
お子様のわきが対策クリアネオ

このページの先頭へ