ワキガ臭・脇の下の汗のニオイ対策

ワキガ体質の人を日本と世界で比較すると

世界にはどれぐらいワキガ体質の人がいるのでしょうか。 10人に1人( 約10% )がワキガ体質の日本にくらべ、 欧米では70~100%がワキガ体質と、 かなり高い割合を占めます。(「ワキガ」ではなく「ワキガ体質」ですので、ご注意ください。)
少数派だからこそ、日本ではワキガが大きな悩みとなってしまいます。 事実、多数派を占める欧米では、ワキガに悩む人はいないに等しいと言います。 それでも、日本人の10人に1人はワキガ体質です。 つまり約1千200万人がそうなのですから、 「 自分だけ 」 と悩まず、前向きに対策していきましょう。

日本人は臭いに敏感?

日本は、世界でも稀にみる清潔好きな国です。 それは、毎日お風呂に入るという習慣からも分かります。 他国では平均して1週間に1回程度の国もあると言いますから、 その多さは群を抜いていると言えるでしょう。

また欧米ではシャワーで身体を清潔にはするものの、 体臭は香水と組み合わせて魅力のひとつとして演出するそうです。 日本人は、体臭はもちろん臭いそのものに嫌悪感を示すため、 におい嫌いな国としても有名です。

このように日本と欧米では臭いに対する考えに大きな違いがあり、 それがワキガに対する考え方にも表れています。 例えば治療ひとつをとっても、 欧米ではワキガの臭いを 「 軽減 」 する方法が一般的なことに対し、 日本は主に “ 臭いそのもの ” を絶つアポクリン腺摘出手術を施します。

食の欧米化でワキガ体質の人が増えている

ワキガ体質が多い欧米と少ない日本。 その違いは、食文化の影響が大きいと考えられます。 肉類など高カロリー&高脂肪の食べ物には、 皮脂腺やアポクリン腺を活発にする作用があります。

反対に穀物や野菜、魚にはビタミンをはじめポリフェノール、 β-カロテンなどワキガ体質の改善に有効とされる栄養素が含まれています。 これを見ても、野菜や魚中心の食生活を営んできた日本に対し、 肉類中心の欧米にワキガ体質が多いことが理解できると思います。

しかし、野菜や魚中心の食生活から 肉やファストフード中心のものに移行していくにつれ、 日本人のワキガ体質も強くなっていると言われています。 つまり食生活の欧米化が、体質も欧米人に似たものにしているというわけです。

ただし間違ってはいけないのは、 「 ワキガ体質の人が増えている 」 というわけではないということです。 アポクリン腺の数は生まれた時に決まっているため、 肉類中心の食事で今あるアポクリン腺が活発に働くことはあっても、 なかったアポクリン腺が新しくできることはありません。
つまりワキガ体質は増えているのではなく、強くなっているのです。 ワキガ体質の人は、お肉を食べる時は野菜も一緒にとるなど、 日頃からバランスの良い食事を心掛けるようにしましょう。

【 女のワキガ対策 】
ワキガ手術に行く前にクリアネオ

【 男のワキガ対策 】
クリアネオ メンズ

【 お子様のワキガ対策 】
お子様のわきが対策クリアネオ

このページの先頭へ