ワキガ臭・脇の下の汗のニオイ対策

ワキガ臭の臭いのタイプとワキガ臭が発生する原因

花王株式会社の香料開発研究所がワキガ臭( ワキの下に特有のニオイ )の解明を目的に研究を進めてきた結果、 ワキガ臭は主に3種類のニオイ ( 硫黄臭、スパイシー臭、脂肪酸臭 )で構成されていますが、今回、以下を明らかにしました。
以下、花王株式会社のサイトより引用


《 3つのタイプのワキガ臭 》

ワキガ臭を最も特徴付ける硫黄臭( 生臭く鼻をつくニオイ )の発生メカニズムについて、 硫黄臭も他のニオイと同様、臭気物質はアミノ酸と結合した状態( 無臭 )で汗腺から分泌され、 これが皮膚の細菌によって分解されてニオイが発生することが明らかになりました。 これによりワキガ臭の発生メカニズムの全体像が明らかになりました。

硫黄臭に変化する汗腺分泌物の化学構造は、 硫黄臭をもつ臭気物質 「 メチル-スルファニルヘキサン-オール 」 にアミノ酸の一種 「 システイン 」 が結合したものでした。 この分泌物にはニオイはありませんが、 臭気物質はアミノ酸と結合した状態( 無臭 )で汗腺から分泌された後、 皮膚の細菌によって分解されて、硫黄臭が発生することが分かりました。

その結果と研究からワキガ臭の発生メカニズムの全体像が明らかになりました。 すなわちワキガ臭を構成する

・硫黄臭( 生臭く鼻をつくニオイ )
・スパイシー臭( カレーのスパイスのようなニオイ )
・脂肪酸臭( 古い雑巾のようなニオイ )

の3種類のいずれも、臭気物質にアミノ酸が結合した状態( 無臭 )で汗腺から分泌された後、 皮膚の細菌によって分解されてニオイが発生していました。


《 メンタルストレスはワキガ臭を強くする 》

女性25名を対象に、ワキガ臭に対するメンタルストレス( 精神的なストレス=極度の緊張など )の影響を調べたところ、 次のような結果がでました。

人前でクイズや計算をさせるなどのメンタルストレスを与えた日には、 7割以上の被験者はワキのニオイが強くなりました。 ニオイが顕著に強くなった人を対象にワキガ臭の原因となる分泌物(3種類)の量を測定したところ、 12人中10人は、メンタルストレスを付与しなかった日に比べ、 ワキの下の分泌物の量が増加し、2~4倍近くに増えている人もいました。

これらの結果から、
メンタルストレスはワキガ臭を強くする原因の1つ であることが分かりました。

さらに、硫黄臭の原因となる分泌物の量は、 スパイシー臭の原因となる分泌物の1/100以下であり、 全体の1%に満たない微量の物質がワキガ臭を特徴付ける ニオイの原因となっていることが分かりました。 また、硫黄臭の原因となる分泌物の量は、個人差が大きいことも分かりました。

【 女のワキガ対策 】
ワキガ手術に行く前にクリアネオ

【 男のワキガ対策 】
クリアネオ メンズ

【 お子様のワキガ対策 】
お子様のわきが対策クリアネオ

このページの先頭へ