ワキガの症状に市販の制汗剤が効かない理由とは?

こんにちは!

今回は、ワキガの人が、ついついやってしまう事の1つで。。
「市販の制汗剤を使っても全く効かない!」
「逆に臭いが悪化した!」
という人が非常に多いので、 そもそも市販の制汗剤はワキガの症状に効くものなのか? ということについてお話ししていきましょう。


最近は、一口に「制汗剤」といっても、 色んな種類の制汗剤が出ていますね。

・昔ながらのスプレータイプの制汗剤
・クリームタイプの制汗剤
・シートタイプの制汗剤
・ロールオンタイプの制汗剤
・ストーンタイプの制汗剤

全部を挙げたらキリがないほど、様々な制汗剤が、 特に梅雨時期から夏場にかけて、 ドラッグストアの棚には所狭しと置かれています。

どんだけ臭いを気にしてる人がいるんだ? っていう感じです。。

確かに、ごくごく軽度のワキガには市販の制汗剤でも、 効果はあるかもしれません。

しかし、「重度のワキガ」にもなってくると、 効果がないばかりか、余計ワキガの臭いを悪化させてしまうことも多々あります。

では、どうして市販の制汗剤は、ワキガには効果がないのでしょう?

その理由は、
ワキガじゃない人は
・普通の汗
だけしか出さないのに対して、

ワキガの人は
・普通の汗
・ワキガの汗
という2種類の汗を出しているからなんですね。

この2種類の汗。。 見た目は同じように見えるのですが、 実は汗の中に含まれている成分が全く違っているんです。

そもそも、市販の制汗剤というのは「普通の汗対策」のために作られた商品であって、 「ワキガの汗対策」のために作られた商品ではないんです。

だから、ほとんどの市販の制汗剤は、 ワキガの人が使っても効果がないんです。

効果がない、と分かっていても、 一般市民としては、ドラッグストアに置いてある商品で、汗対策が出来る物と言ったら、 普通の制汗剤しかないので、それを使うしかないのが現実です。

では、どうしてワキガの人の汗には
・普通の汗
・ワキガの汗
と、2種類もの汗があるのでしょう?

ワキガについての詳しい知識がある方は分かっていると思うのですが、 あまりワキガの細かい所までは分からないという方は

  • ワキガの基礎知識

  • を一読して頂けますでしょうか。

    1分で、簡単なワキガの仕組みが分かります。 今後、どんなケアをする上でも大事なことなので、 ぜひ覚えておいてください。

    普通の汗とワキガの汗の違いが大きく関係しているから市販の制汗剤はワキガには効かない

    はい。
    ある程度のワキガの仕組みは分かって頂けたでしょうか?

    では、どうして
    ・普通の汗には制汗剤は効くけど
    ・ワキガの汗には制汗剤は効かない
    という現象が起きてしまうのでしょう。。

    それは汗の中に含まれている成分が違うから、そのようなことが起こってしまうんですね。

    普通の汗の成分と
    ワキガの汗の成分を下に書きました。


    【 普通の汗の成分 】
    ・水分が約98%
    ・塩分が約2%


    【 ワキガの汗の成分 】
    ・アンモニア
    ・脂質
    ・タンパク質
    ・鉄分
    ・リポフスチン(黄ばみを作る成分)

    というように、
    普通の汗も、ワキガの汗も見た目は同じ、ただの水滴にしか見えないのですが、 実は、これだけ汗に含まれている成分が違うんですね。

    実際には、ワキガの汗は少し白っぽくて粘り気があります。

    市販の制汗剤というのは、 「普通の汗や臭い」を抑える成分が入っているので、 暑い日や運動したあとの汗には効き目があります。

    しかし、同じ成分が入ってる制汗剤で、 「ワキガの汗や臭い」を抑えることができるのか?

    というと、そもそも汗自体に含まれている成分が違うので、 ワキガの汗や臭いには、当然のことながら、市販の制汗剤では効果が無いんです。

    逆に、ワキガの汗や臭いに、市販の制汗剤を使ってしまうと、 ワキガの汗に含まれる
    ・アンモニア
    ・脂質
    ・タンパク質

    といった「臭い成分」と制汗剤の成分が混じりあって、 余計に変な臭いを作り出してしまう事もあるので要注意です。

    市販の制汗剤以外でワキガの症状を抑えてくれるもの

    では、市販の制汗剤以外でワキガの症状に効果があるものは無いのでしょうか?

    そもそもワキガの臭いの原因は
    ・アポクリン汗腺から出る汗
    ・その汗に雑菌が付着するから臭いが発生する
    と、いうことですよね。

    逆に考えれば、
    ・脇汗を止めて
    ・汗に雑菌が付かないようにする
    この2つを徹底してやれば、ワキガの嫌な臭いも抑えられるという事です。

    そこで出てくるのが
    ・ミョウバン
    です。

    では、ミョウバンには、 どんな効果があって、どんな使い方をすれば良いのかをお話ししていきましょう。




    ミョウバンを使って脇汗を止める

    主婦の方ならミョウバンは知ってると思いますが、 ミョウバンは主に食品添加物として使われています。



    ミョウバンは、スーパーやドラッグストアなどで購入することができます。

    「ミョウバン」、「焼ミョウバン」の2種類がありますが、 どちらを選んでも構いません。

    出来れば50g、または100g入りをお勧めします。

    実は、このミョウバンには「収れん効果」といって、 毛穴を引き締めてくれる効果があるんです。

    つまり、
    毛穴を引き締めて、毛穴を細くすることで、 脇汗を出にくくしてくれる役割をしてくれるんですね。

    ミョウバンは粉末のまま使うのではなく、 水に溶かして「ミョウバン水」として使います。



    【 ミョウバン水の作り方 】
    1.最初に1.5ℓのペットボトルを用意
    2.ミョウバン50g(大さじ3杯半)を入れる
    3.ペットボトルが一杯になるまで水を入れる
    4.ミョウバンが解けるように良く振る

    これでミョウバン水の出来上がりです。



    【 ミョウバン水の使い方 】
    1.ミョウバン水を清潔なタオルに染み込ませる
    2.タオルで脇の下を拭く
    3.もう一度タオルに染み込ませる
    4.ミョウバンが毛穴に浸透するように1~2分押さえて待つ


    以上がミョウバン水を使った対策になります。

    ただし、ワキガの度合いによっては効果時間が短くなる場合もあるので、 学校や会社など外出先でも、ミョウバンの拭き直しが出来るように、 ミニボトルなどに移して、持ち歩くことをお勧めします。

    ワキガに市販の制汗剤は効くのか? -- まとめ --

    今回は、ワキガに市販の制汗剤は効くのか? 制汗剤以外でワキガに効く物はあるのか? ということについてお話しをさせて頂きました。

    最後に、もう一度まとめておきます。

    1.市販の制汗剤は「普通の汗」対策用に作られた商品なので、 基本的にはワキガには効果が無い

    2.制汗剤の代わりとして、 ミョウバンは「収れん効果」に優れているのでワキガに効果がある。

    3.ワキガの程度によって、ミョウバンの効果時間が短い事もあるので、 外出先でも塗り直しが出来るようミニボトルなどに移して持ち歩く

    万が一、外出先でミョウバンの効果が無くなって、 脇汗が衣類に染み込んでしまうと、衣類からもワキガの臭いがし始めます。

    一旦、衣類に染み込んでしまった脇汗は、濡れタオルで拭いても、 脇の部分だけ水洗いしても落ちません。

    なので、特に「重度のワキガ」の人などは「汗脇パッド」も装着しておくことをお勧めします。

    汗脇パッドで汗で衣類変汗の浸透を防いでる間に、 ミョウバンを塗り直せば元の状態に戻すことが出来るので、

    ・衣類には絶対に汗を染み込ませないこと

    これも大きなポイントになるので覚えておいてくださいね。


    最後までお読みいただき
    ありがとうございました。

    手術を考える前に!
    【 一番売れてるワキガクリーム 】

    クリアネオ