ワキガ手術
ワキガの原因はアポクリン汗腺という汗腺があるからということをネットで知りました。 でも、なぜアポクリン汗腺が有る人と、無い人がいるのですか? もしアポクリン汗腺は一生消えないのだとしたら、 どうやってワキガの臭いを抑えればいいのか教えて下さい。

ワキガの臭いの原因とアポクリン汗腺との関係について教えて下さい

ワキガの臭いとアポクリン汗腺との関係について教えて頂きたいのですが。
よろしくお願いします。

あまり詳しい知識が無くて申し訳ありません。

ワキガの臭いは、脇の下にアポクリン汗腺という汗腺があるからだということを、 ネットで調べて初めて知りました。

ただ、アポクリン汗腺について具体的な詳しいところまでは分かりません。

なぜアポクリン汗腺があると、 ワキガの臭いが発生してしまうのでしょうか?

私が、もしかしたら自分はワキガじゃないかと思い始めたのが3年位前でした。

最初の頃は時々ワキガのような臭いがする程度で、 普通に脇汗クリームを塗っていれば何とか臭いは抑えられていました。

だけど、1年位前から段々臭いが酷くなり始めて、 周りの人達にも気付かれてしまうほどになってしまったのです。

今まで通りクリームは塗っているのですが、 今では、ほとんど効き目がありません。

真剣にワキガ対策をしないとと思って、 ネットで色々調べていたら、 ワキガの臭いはアポクリン汗腺が関係していることが分かったのです。

でも、どうしてアポクリン汗腺が臭いの原因になっているのかまでは、よく分かりませんでした。

何故アポクリン汗腺がある人と、ない人がいるのでしょうか?

また、アポクリン汗腺は一生無くなることはないのでしょうか?

それと、アポクリン汗腺と、ワキガの臭いの強さとは何か関係があるのでしょうか?

色々質問してしまって申し訳ないのですが、 アポクリン汗腺があっても、ワキガの臭いは抑える事ができるのか、 教えて頂きたいのです。

よろしくお願いします。

そもそもアポクリン汗腺とは何なのか?ワキガとはどんな関係があるのか?

こんにちは。
当サイト管理人のkazuです。

実は、僕自身も15年間 「 重度のワキガ 」 に悩み苦しみ、 意を決してワキガ手術に挑んだものの、 5年後に再発してしまったという苦い経験を持っています。。

今では 「 重度のワキガ 」 から、周囲には気付かれない 「 軽度のワキガ 」 にまで回復することに成功した実績も踏まえて、 ワキガの悩みに関するアドバイスをさせていただきます。


さて、
● 人によってアポクリン汗腺が有る人と、無い人がいるのは何故なのか?
● アポクリン汗腺は一生消えないのか?
● アポクリン汗腺と臭いの強さはどう関係してるのでしょうか?
● アポクリン汗腺があっても臭いを抑えることは出来るのか?
というご質問を頂きましたが。。

まず、ワキガの臭いの原因はアポクリン汗腺だということは、 分かって頂いてるようなので、 ご質問の内容について、順番に詳しくお話ししていきましょう。

そもそもアポクリン汗腺が存在していると、 なぜ脇汗がたくさん出たり、独特の強い臭いが発生されるのか? その仕組みを理解して頂きたいんですね。

なので、まずは


ワキガの方必見!ワキガになる原因と臭いが作られる仕組み

を一読してもらって、 臭いが作られる仕組みを知っておいてください。

3分程度で分かるほど簡単な内容です。

ワキガの臭いが作られる仕組みを知っているのと、 知っていないのとでは、今後ワキガ対策をしていく上でも、 「正しいワキガ対策」が出来なくなってしまいます。

なので、ぜひこの機会に知っておいてください。

人によってアポクリン汗腺がある人と、ない人がいるのは何故なのか?

まず最初のご質問の、
なぜアポクリン汗腺が有る人と、無い人がいるのか?ということについてですが。。

もともと
アポクリン汗腺というのは、親からの遺伝によって、生まれた時から備わっている ものなんですね。



例えば
・両親ともにワキガ体質の場合は約80%
・両親の片方がワキガ体質の場合は約50%
という確率でワキガは子供へ遺伝すると言われています。

遺伝した場合、生まれた時からアポクリン汗腺は既に備わっているのですが、 赤ちゃん~幼少時代は、アポクリン汗腺が小さ過ぎるため、 ワキガの症状も出ませんし、アポクリン汗腺があるかどうかも確認が困難です。


アポクリン汗腺が存在してるかどうか分かるのは、 人間が成長期を迎える10代~20代前半にかけて になります。

何故かというと、 アポクリン汗腺も人間の成長期に合わせて成長していくからなんですね。

つまり、成長期に入る前はアポクリン汗腺が小さいため、 その確認が出来ないのですが、成長期に合わせてアポクリン汗腺も大きくなっていって、 ワキガの症状が現れることで、その存在が確認できるわけなんです。

アポクリン汗腺は、ある程度の大きさまで達すると、 脇汗が増えたり、臭いが強くなったりといったワキガ独特の症状が現れます。

従って、
人によってアポクリン汗腺が存在する人と、存在しない人がいるのは、 遺伝の影響で決まってしまう んです。

・両親ともにワキガ体質でなければ、子供にもアポクリン汗腺は存在しない。
・両親とも、もしくは片方がワキガ体質の場合、子供にもアポクリン汗腺が存在する可能性が高い。

ということになります。

アポクリン汗腺は一生消えずに残ったままなのか?

アポクリン汗腺が存在している場合、 一生消えることなく残ってしまうのか?ということですが。

結論から先に言ってしまうと、

アポクリン汗腺は一生残ります。

ある程度の年数が経てば自然に消えていってくれれば一番いいことなんですが、 残念ながら、そういうことは起こらないので一生消えずに残ってしまいます。

ただ、1つだけ
アポクリン汗腺を体内から消せるとしたら、それはワキガ手術で、アポクリン汗腺を摘出してしまう 事です。 ワキガ手術についての詳しい事は

ワキガ手術の種類と症状に合った手術の探し方

を参照してください。

理想は、
・飲むだけで。。。
・塗るだけで。。。
アポクリン汗腺が自然になくなっていく、 といった薬があればいいのですが、 まだまだそこまでワキガに関しては、 医療技術が進歩していないので、 今のところ出来る事といったら手術で取り除くしかないんですね。

アポクリン汗腺とワキガの臭いの強さはどう関係しているのか?

なぜアポクリン汗腺が存在していると、 ワキガ独特の強い臭いが発生してしまうのか? については、

ワキガの方必見!ワキガになる原因と臭いが作られる仕組み

でお話ししている通り、 ワキガの汗に含まれる成分は、 雑菌の格好のエサになるので、 雑菌はそのエサを食べることでガスを発生し、 それがワキガ独特の臭いとなってしまう、といことですね。

ただ、
同じワキガでも、臭いが強い人もいれば、臭いが弱い人もいます。

どうして、そんなことが起こってしまうのかと言うと、 アポクリン汗腺というのは、人によって数も違えば、大きさも違う からです。

アポクリン汗腺の数が少なければ臭いも弱くなりますし、 数が多ければ、それだけ臭いも強くなります。

アポクリン汗腺の大きさに関しても、 サイズが小さければ臭いは弱くなりますが、 サイズが大きいと臭いも強くなります。

上の画像の中で、白い米粒のように見えるのが実際のアポクリン汗腺です。
(左のほうが分かり易いですね。。)

画像の左側の人と右側の人を比べてみると、 どっちが臭いが強くなるかは一目瞭然ですね。

左側はアポクリン汗腺の数も少なくて、 1個1個のサイズも小さいので、 それほど強い臭いを放つことはありません。

それに対して右側は、 アポクリン汗腺もビッシリ詰まっていて、 しかも1個1個のサイズが大きいので、 かなり強いを放つのは容易に予想がつきます。

このように、
臭いが作られるのは雑菌が発するガスが原因なのですが、
臭いの強さが人によって違うのは、アポクリン汗腺の数や大きさによって違ってくる ことが、 お分かり頂けたと思います

アポクリン汗腺が存在したままでも臭いを抑えることは出来るのか?

本来なら、手術でアポクリン汗腺を全て取り除いてしまえば、 ワキガの症状も無くなるのですが、 手術といっても

・100%再発しないとは限らない
・傷跡が一生残ってしまう

などのリスクを考えると、 安易な気持ちで手術をするわけにもいきませんよね。

そこで、
アポクリン汗腺を残したままの状態で、 ワキガの症状を抑えることは出来ないのか? ということですが。

アポクリン汗腺があってもワキガの症状を抑えることは十分可能です。

実際に僕自身も重度のワキガで、 再発までした経験があるのですが、 今はケアだけで「軽度のワキガ以下」くらいまで症状を抑えることができていますから大丈夫です。

ただし、それには「正しいケア」をしないといけません。

単に、
市販の制汗剤やデオドラント剤を試しているのは「正しいケア」とは言えない んですね。

だけど、残念ながら、 市販の制汗剤を使っても
「全く効果が無い!」
という人が多いのも現実です。

そもそも、市販の制汗剤というのは「普通の汗」に対応した商品であって、 「ワキガの汗」に対応した商品ではないので、 そこのところが分かっていないと「正しいケア」ができないんです。

ちなみに、
「普通の汗に含まれている成分」と「ワキガの汗に含まれている成分」とを比較してみると、

【 普通の汗の成分 】
・水分が約92%
・塩分が約2%
【 ワキガの汗の成分 】
・タンパク質
・脂質
・アンモニア
・鉄分
・リポフスチン(黄ばみを作る成分)
といったように、 見た目は同じ水滴のように見えて区別が付かないのですが、 汗に含まれる成分にはこれだけの違いがあるんですね。

これだけ違えば、市販の制汗剤をどれだけ使っても、 ワキガには効果が無い、ということがよく分かると思います。

なので、
ワキガの症状を抑えたいのであれば、 普通の汗用の制汗剤を使うのではなく、 ワキガ専用の制汗クリームを使う のが、 一番正しいケア方法なんです。

また、ワキガの臭いを誤魔化そうとして、 香料の入った制汗剤や香水を付けている人もいますが、 これはもう論外です。

ワキガの臭いと香料の臭いが混ざってしまうと、 更に複雑な臭いになってしまうので、かえって臭いを変にしてしまうだけです。

意外と本人は良かれと思ってやってしまいがちですが、 酷い臭いになっているのに気付いてないのは本人だけで、 周りの人達にとっては迷惑以外の何物でもない、 という事態になっていることも少なくありません。

ワキガの臭いは独特なので、 変に違う臭いを被せて臭いを誤魔化そうとすれば、するほど、 臭いは悪化するという事は覚えておいたほうがいいと思います。

なので、シンプルにワキガ専用の制汗クリームを使うのが一番です。

実際に僕自身も何年か前から、専用のクリームを使うようになってから、 臭いで周りの人達に迷惑をかけることも無くなりましたし、 周りの目を気にしなくてもよくなったことで、 精神的にも楽になりました。。

ただ1つだけ残念なのが、

ワキガ専用の制汗クリームは、ドラッグストアなどリアル店舗では取り扱っていない ので、ネットからしか購入できないのが難点なところです。

僕も最初は、色んなドラッグストアを探し回りました。 だけど結局どこのドラッグストアへ行っても見つけることが出来なかったんですね。

それで色々調べているうちに、
実は、ドラッグストアには置けない理由があったんです。

とても現実的な話しなので、もし興味があったら参考にしてみてください。。


ドラッグストアにワキガ専用の制汗剤が置かれてない理由とは?

まあ、仕方がないといえば、仕方がないのですが、 こればかりは、どうすることも出来ないので、 諦めてネットから購入するようになったのです。


さて、
長いことお付き合い頂きまして、
ありがとうございました。

最後になりますが、
今回は、

・アポクリン汗腺のある人と無い人の違い
・アポクリン汗腺は一生消えない
・アポクリン汗腺があると臭いが発生する原因
・アポクリン汗腺を残したままのケア

について、お話しをさせて頂きましたが、 お分かり頂けましたでしょうか。。

確かにアポクリン汗腺というのは、 遺伝によって作られてしまうものなので、 自分の責任でなったわけではありません。

だからといって、親を恨んだりするのだけは辞めましょう。

いつまでも悩んでいてもアポクリン汗腺は消えてくれません。

正しいケア方法さえ知っていれば、 いくらでもケアだけでワキガの臭いは抑えることが出来るので、 どうせなら、楽しい人生を送りましょう!


最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
感謝

手術を考える前に!
【 一番売れてるワキガクリーム 】

クリアネオ