ワキガとストレス
ストレスが原因でワキガの症状が悪化することってあるのでしょうか? 私は高校生の時から重度のワキガに悩んでいます。 今年の春から新卒で働き始めたのですが、 肉体的なストレスや精神的なストレスが重なって、ワキガの症状も悪化してるような気がするのです。

ワキガの症状が悪化することとストレスは関係あるのでしょうか?

はじめまして。
現在20歳の女です。
質問よろしくお願いします。

ストレスが原因で、ワキガの症状が悪化することってあるのでしょうか?

私は他人と比べても、ストレスを感じ易い性格なのは分かっています。

今年の春から、新卒としてソフトウェアを開発する会社に入社しました。 100人にも満たない小さい会社です。

でも、入社して2ヵ月足らずで、 私が重度のワキガだという事が、みんなに知れ渡ってしまって、 周りの先輩達からも迷惑そうな目で見られるようになってしまいました。

確かに私のワキガは、 周囲の人達を不快な思いにさせてしまうほど、 ひどいワキガだということは、 高校生の頃から自覚しています。

そのせいで、 今では仕事の事以外で、私に声をかけてくれる人もいなくて、 ほとんど孤立した状態です。

仕事のほうも忙しくて、 会社を出るのは、いつも10時を回ってしまうだけでなく、 土曜日でも休日出勤が当たり前になっていて、 本当に休めるのは日曜日だけなので、疲労もかなり溜まっています。

そんな人間関係での精神的ストレスや、 仕事が忙し過ぎることでの肉体的ストレスが重なってなのか、 ワキガの症状も今までにないくらい悪化しているような気がするのです。

始めてワキガを発症したのは、高校2年生くらいの時でした。

もともと性格的にも明るいほうではなかったので、 ワキガの臭いが周りにバレるようになってからは、 いじめにも合いました。

学校に行きたくないけど、行かなきゃいけない、 というストレスが積もり積もって、 一時は「うつ状態」になってしまったこともあります。

それ以来、ワキガのせいで人間関係も上手くいかなくなって、 専門学校でも、ひとりも友達ができず、 ずっと一人で色んなことに悩んできました。

確かに、ストレスはワキガを悪化させると、 何かの雑誌で読んだことは覚えています。

ただ、これは性格なので、 ストレスを溜めないようにしようと思っても、 実際にどうしたらいいのか分かりません。

もし、本当にストレスとワキガが関係あるのだとしたら、 どうやって克服したらいいのでしょうか?

ワキガとストレスは関係があるのだろうか?

こんにちは。
当サイト管理人のkazuです。

実は、僕自身も15年間 「 重度のワキガ 」 に悩み苦しみ、 意を決してワキガ手術に挑んだものの、 5年後に再発してしまったという苦い経験を持っています。。

今では 「 重度のワキガ 」 から、周囲には気付かれない 「 軽度のワキガ 」 にまで回復することに成功した実績も踏まえて、 ワキガの悩みに関するアドバイスをさせていただきます。


さて、
「 ワキガとストレスは関係あるのか? 」
というお悩みですが。。

現代の社会は、非常にストレスが多い時代とも言われています。

ただ、ひと口に「ストレス」といっても、質問者の方も言っていたように、 精神的なストレスもあれば、肉体的なストレスもありますよね。


肉体的ストレスの例として、
・働き過ぎによる「疲労」の蓄積
・気候の変化によるもの
・睡眠不足
など、主に体に直接感じるもの


精神的なストレスの例としては、
・人間関係
・極度の緊張
・社会的地位における責任

といったように、主に心に感じるもので、 知らず知らずのうちに蓄積されていって、 やがてそれが体調不良の原因になることが多いです。

また、性格によっても、 ストレスを感じやすい人もいれば、 ストレスを感じにくい人もいます。

では、今回のご質問でもある、 ワキガとストレスは関係があるのだろうか? ということですが。。

結論から先に言ってしまえば、

ワキガの症状とストレスは大いに関係がある と言ってもいいでしょう。

また、

ワキガの症状を悪化させるのは、 「肉体的ストレス」よりも「精神的ストレス」のほうが影響が高い とされています。

じゃあ、どうして精神的なストレスが、 ワキガの症状を悪化させたりしてしまうのでしょうか?

そのお話しをする前に大事なことがあります。

それは、
・そもそもワキガって何?
・何が原因でワキガになってしまうの?
・ワキガになると何故凄い臭いが出るの?
といったように、

ワキガの仕組みが分かっていないと、ストレスとの関係も分かりません。

もし、それらの原因が分からないようでしたら、 まずは、

ワキガの方必見!ワキガになる原因と仕組み

を一読してもらって、 ワキガの基本的な知識を身に着けておいてください。

3分あれば分かるほどワキガの仕組みは簡単ではあるのですが、 今後ワキガ対策をしていく上で、 ワキガの知識が多少でもあるのと、 全く無いのとでは全然違ってきます。

ぜひ、この機会に覚えておきましょう。

なぜストレスを感じるとワキガの症状に影響が出てしまうのか?

さて。
ワキガの基本的な仕組みは、ご理解頂けましたでしょうか?

大きなポイントは

・アポクリン汗腺が存在するとワキガになる
・臭いは汗に雑菌が付くと発生する

この2点になりますね。
最低これだけ頭の中に入れておけば大丈夫です。

では本題にいきましょう。

何故ワキガはストレス(特に精神的なストレス)を感じると症状が悪化してしてしまうのか? ということですが。。

ストレスにも大きく分けて2種類あります。

・蓄積型ストレス
・突発的ストレス


それぞれのストレスの特徴について簡単に説明すると


蓄積型ストレスによるワキガへの影響

蓄積型のストレスというのは、 日頃の小さなストレスが積もり積もって、 それが蓄積されることで、 知らず知らずのうちに体に悪影響を及ぼすというものです。

・人間関係によるストレス
・仕事のストレス
・いじめによるストレス

など、人によってストレスを感じる大きさは違っても、 こういった
日頃のストレスが溜まっていくと、自律神経に乱れが生じてきます。

自律神経とは



上の図を見て頂くと分かるように、自律神経は、

・交感神経
・副交感神経

と言われる2つの神経が交互に働くことで成り立っているものです。

車に例えると、

・交感神経 → アクセル
・副交感神経 → ブレーキ

の役目をしているんですね。

人間が活発に動く日中は主に交感神経が働いていて、 精神的にも肉体的にも「活動状態」になっています。

しかし、交感神経ばかりが働いていては、 人間の体は疲れが溜まってしまい、病気などを引き起こしかねないので、 ブレーキをかける必要があります。

そのブレーキの役目をしてくれているのが、 副交感神経で、精神的にも肉体的にも「休息状態」になっています。

これらの、交感神経と副交感神経がバランスよく働いていれば問題は無いのですが、
このバランスを崩してしまうのがストレスなんですね。

この2つの神経。。 つまり自律神経に乱れが生じると、 体にも様々な症状が現れます。

・夜眠れない(不眠症)
・頭痛
・肩こり
・めまい
・動悸、息切れ

などが同時に発生することもありますし、 各症状が日によって違ったりする場合もあります。


汗を出す行為も、自律神経によってコントロールされていて、 自律神経が正常であれば、 人間は暑い時や激しい運動などした時に発汗するようになっているわけです。

ところが、 ストレスの蓄積が原因で、自律神経が乱れてしまうと、 何もしてないのに勝手に汗が出てきたりすることもあるんですね。

当然のことながら、ワキガによる脇汗も、 普段以上に量が増えたりするわけです。

脇汗がたくさん出れば、それだけ臭いにも影響してくるので、 蓄積型のストレスによって、 ワキガの症状が普段以上に悪化することは十分あり得るのです。




突発的ストレスによるワキガへの影響

突発的なストレスというのは、 蓄積型のストレスと違って、 瞬間的に大きなストレスが発生すること をいいます。

最も典型的なのが
・極度の緊張
・興奮
などが挙げられます。

例えば、
・車に乗っていて事故を起こしそうになった時
・スポーツ観戦などで興奮している時

など、これも人によって違いはありますけれど、 何かの瞬間に、緊張したり、 興奮することは、人間なら誰にでもあることだと思います。

じゃあ、どうして突発的なストレスとワキガが関係あるのかと言うと、
人間は、突発的なストレスを感じたり、緊張や興奮したりすると、 「アドレナリン」という分泌液を発生させます。

アドレナリンは、こともあろうか、 ワキガの原因を作っているアポクリン汗腺を刺激する分泌液でもあるんですね。

分泌されたアドレナリンは、血管を伝ってアポクリン汗腺へ流れ込み、 そしてアポクリン汗腺を刺激し始めます。

アポクリン汗腺というのは、 もともと、ちょっとした刺激を受けると、 大量の汗を出す性質があるので、 アドレナリンによって刺激を受けたアポクリン汗腺は、 大量の脇汗を発生させてしまうのです。

ということで、 ワキガの症状を悪化させることと、 ストレスは大いに関係あるということが言えます。

ストレスを解消すればワキガの症状の悪化を抑えることは出来るのだが。。

実際にストレスさえ解消することが出来れば、 ワキガの悪化を防ぐことは出来ます。

「肉体的ストレス」は、 睡眠をよく取るなどで解消することは可能です。

しかし、今回の質問者の方のように、 仕事が忙し過ぎて、ゆっくり休む暇もない。。 という人も大勢います。

理想は、 とにかく体を休めることが、肉体的ストレスを解消することなんですが、 現実的には、そういう環境で仕事をしている限り、 簡単にはいかないのが現状ですよね。

そしてもっと厄介なのが「精神的ストレス」です。

よく聞くことで
「運動して気分転換をすればいい」
「ゆっくりお風呂につかるのがいい」
「趣味をつくればいい」

などと言う人もいますが、 そういう事を言う人に限って、 「うつ病」寸前まで精神的に追い込まれた経験がない人ばかりで、 無責任にもほどがあると言いたいです。

僕も、ワキガが原因なのか、仕事が原因なのか分からないのですが、 実際に「うつ病」と診断されて、 精神安定剤やら抗うつ剤、睡眠薬を飲んでいた時期がありました。

だから、実際に経験したことがない人から、
「気分転換に○○したほうがいい」
など無責任なことを言われるたびに腹が立ったもんです。

僕は、最終的に会社を辞めて、 1年くらい自宅で治療に専念し、その時にワキガ手術もして、 その後は派遣という形で、 出来るだけストレスが溜まらない仕事につく方法を選びました。

それだけストレスというのは厄介なもので、 場合によっては、人生を左右してしまうほど大きな問題を生むことになってしまうんですね。

だから僕は無責任なことは言いません。 もし精神的ストレスに限界を感じているなら、 会社を辞めて環境を一度変えるべきです。

ようするに、 ストレスを簡単に解消することが出来る人なら、 それでワキガの悪化を防ぐことも可能ですが、 そんなに簡単にストレスは解消できるものなのか。。 という事が一番の問題だということなんですね。

どうしてもストレスを解消することが出来ないなら。。

僕の実体験も踏まえて、
現実的には簡単にストレスは解消できない!

と言いましたが、
・仕事を辞めるわけにはいかない
・運動して気分転換を計っても変わらない
という人も多いと思います。

ストレスは、人によって感じ方も違いますし、 一般的に言われているストレス解消法をやっても、 効果がある人もいれば、効果がない人もいます。

それでも、ワキガの悪化だけは、どうしても防ぎたいのであれば、 方法は2つしかありません。


・手術で治す
・ワキガ専用クリームで症状を抑える


けれども、今回の質問者の方のように「重度のワキガ」になってしまうと、 「切らない手術」は再発の可能性が非常に高いので、 再発のことを考えたら「切る手術」のほうが確実性はあります。

切らない手術は色んな手術法がありますが、 代表的な手術法として「レーザー治療」があります。

これは、皮膚を一切傷つけずに、 ワキガの元となっているアポクリン汗腺だけを、 レーザーを充てることで、熱エネルギーのチカラで破壊してしまうという方法です。



確かに「切らない手術」は
・傷跡が一切残らない
・2日~3日で仕事に復帰できる

など、女性や仕事が忙しい人にとってはメリットが沢山ありますが、 確かに、ごく軽度のワキガなら再発の可能性も低くなります。

しかし、
重度のワキガになると、 アポクリン汗腺の数も多いのと、 アポクリン汗腺の1個1個のサイズが大きいので、 レーザーだけでは 全部のアポクリン汗腺を完全に破壊することが難しいのが現状です。



上の画像は、実際の重度のワキガの人のアポクリン汗腺になります。

ここまでひどい状態になってしまうと、 レーザーの熱エネルギーだけでは、 アポクリン汗腺を1つ残らず破壊するのには、どうしても無理があります。

アポクリン汗腺は、もともと生命力が強い汗腺なので、
万が一、1個でも破壊できずに残ったままになっていると、 その1個から徐々に再生が始まってきます。

早い人だと、半年程度で手術前の状態に戻ってしまう人もいれば、 1年後、あるいは2年後に元に状態に戻ってしまうことがあります。

それが「再発」ということになるわけですが、 再発する度に、レーザー治療を受けていては、 費用も30万円~40万円かかるので、 そんなに何度も治療をし直すのは、どう考えても無理がありますよね。

また「切る手術」は
・再発の可能性が低い
・保険が効くので5万円程度でできる

などのメリットはありますが、

・傷跡が一生残る(5~6㎝ほど)
・仕事復帰まで3~4週間かかる


などのデメリットも多いので、 特に女性にとって傷跡が残ってしまうのは致命傷ですし、 休みも多く取らなければいけなくなってしまいます。

さずがに4週間も休みを取るとなると、 休む理由も会社へ報告しなければいけないので、 ワキガ手術を受けることが周りにバレてしまいます。


このように、ワキガ手術は様々なデメリットがあるので、 現実的には難しいということも多々あるでしょう。

そうなってしまうと、 残るは「ワキガ専用クリーム」で、ワキガの症状を抑えるのが一番有効になってきます。

ストレスでワキガの症状の悪化を防ぐにはワキガ専用クリームが適している理由

ここまでお話ししてきたように
・ストレスを解消するのは難しい
・手術は様々なリスクがある

ということを考えると、 一番適しているのは「ワキガ専用クリーム」で、 脇汗や臭いを抑えるのが一番安全です。

だけど、勘違いされると逆効果になってしまうので、 お話ししておきますが。。


ドラッグストアなどで売られている、 制汗クリームやデオドラントなどは、 ワキガには一切効果がありません。

そもそも市販の制汗剤というのは、 「普通の汗」対策に作られた商品であって、 「ワキガの汗」対策に作られた商品ではないからです。

その根拠は

【 普通の汗の成分 】
・水分が約92%
・塩分が約2%
【 ワキガの汗の成分 】
・タンパク質
・脂質
・アンモニア
・鉄分
・リポフスチン(黄ばみを作る成分)
このように、汗に含まれている成分が全く違っているので、 ワキガに市販の制汗剤を使っても、効果がないどころか、 臭いを更に悪化させて危険もあるのです。

ワキガ専用クリームは、 ワキガの汗の成分まで考えて作られている商品なので、 脇汗を抑える事にも、臭いを抑える事にも優れています。

ただ1つ残念なのが、
ワキガ専用クリームは、ドラッグストアなどには置いていない ので、手に入れるとしたら、ネットからしか購入できないことです。

僕も今はワキガ専用クリームを使って、 重度のワキガだったのを、軽度のワキガ位にまで症状を抑えられていますが、 何故ドラッグストアには置いてないのかが不思議で仕方がありませんでした。

何年もワキガに悩んでいた頃は、 ドラッグストアを見つけては探し回ったもんです。。

でも、色々調べていくうちに、 ワキガ専用クリームがドラッグストアに置いてない理由が分かりました。

とても現実的な話しなので、もし興味があったら参考にしてみてください。。


ドラッグストアにワキガ専用の制汗剤が置かれてない理由とは?

この理由を知って、ようやく納得が行きました。

最後になりますが、 社会人にもなると、全くストレスが無い、 という人も中にはいますが、 大抵の人は何かしらのストレスを抱えています。

そして、ワキガの症状もストレスの強さによって変わってくるという事も、 分かって頂けたと思います。

実際に、今回の質問者の方のように、 ストレスの影響でワキガが悪化してしまうことで、 人間関係も上手くいくものが、上手くいかなくなってしまう事も多いです。

なので、ワキガでストレスが溜まりやすい人は、 真剣にワキガ対策を考える必要があると思います。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
感謝

手術を考える前に!
【 一番売れてるワキガクリーム 】

クリアネオ