ワキガに効く市販薬や制汗剤

ワキガに効果があって持続性のある市販薬はありませんか?

色んなドラッグストアを探し回っても、 ワキガに効く市販薬や制汗剤を見つけることが出来なくて困ってます。

どこに行けば、ワキガに効く市販薬や制汗剤を手に入れることが出来るのか?

そもそも、そんな市販薬自体は売られてないのか?教えて下さい。


私は現在17歳の女子高生です。 2年くらい前からワキガに悩んでいます。

最初の頃は、 症状も軽かったので、 市販の制汗剤で何とか汗も臭いも抑えられてました。

だけど、どんどん悪化していってしまい、 今では市販の制汗剤でも、効果があるのは2時間~3時間が限界です。

女性用から男性用まで、市販の制汗剤という制汗剤は、 ほとんどと言っていいくらい試しました。

だけど結局は、どの制汗剤を使っても変わらなくて、 中には余計に気持ち悪い臭いになってしまったこともあります。

最近は学校へ行くのも憂鬱で仕方がありません。 臭いも周りの友達に隠しきれないほど酷い状態です。

市販の物でワキガを治す薬や制汗剤がないとなると、 最後は手術しないとダメなのかなぁ、 とも思ったりもしてます。

これから、どこまで悪化してくのだろう?と思うと、心配で仕方がありません。

いったい私は、どうしたらいいのでしょう。

今の私には、ワキガに効果がある市販の制汗剤が出るのを待つしかありません。 もう、あちこち探しまくっても見つからなくて、精神的にも参ってしまってます。

どうか助けてください!
私が探し切れてないだけかもしれないので。 もし、市販の物で良い物があるようでしたら教えてください。

ドラッグストアなど市販の薬や制汗剤でワキガを治療できるものは存在しないのか?

こんにちは。
当サイト管理人のkazuです。

実は、僕自身も15年間 「 重度のワキガ 」 に悩み苦しみ、 意を決してワキガ手術に挑んだものの、 5年後に再発してしまったという苦い経験を持っています。。

今では 「 重度のワキガ 」 から、周囲には気付かれない 「 軽度のワキガ 」 にまで回復することに成功した実績も踏まえて、 ワキガの悩みに関するアドバイスをさせていただきます。


さて、
「 ワキガに効く市販薬を教えて下さい 」
というご質問についてですが。。


結論から先に言ってしまうと、
残念ながら
市販薬でワキガを治す薬や制汗剤といったものは、 どこのドラッグストアへ行っても置いてありません 。。

それと、ワキガは病気ではなく「体質」なので、 風邪をひいたからといって市販の風邪薬で治すのとは少し意味が違うんですね。

例えば 「 高血圧症( 主に血圧が150以上の人 )」 で悩んでいる人は、 日本中に沢山いますけど、市販薬で血圧を下げる薬というのは、 やはり、どこのドラッグストアへ行っても置いてないのです。

同じ薬でも、気軽に
ドラッグストアに置ける薬と、置けない薬がある ということを、 まず理解していただければ、 なぜワキガ専用の薬や制汗剤が置かれていないのか? ということが分かってきます。

その理由は後ほどお話しさせていただきますね。

ただ、唯一ワキガ対策としての
薬を貰えるとすれば 「 病院 」 です。

基本的にワキガを診てもらう場合は、 形成外科で受診すれば薬はもらえます。

病院で処方される薬には2種類あって、 1つは「塗り薬」、もう1つは「飲み薬」です。


【 塗り薬 】
「塩化アルミニウム」という薬で。。 具体的には、塗った箇所の毛穴を引き締める(毛穴を細くする)ことで、 脇汗の量を抑える効果 があります。

【 飲み薬 】
「臭化プロパンテリン」という薬で。。 分かり易く説明してしまうと、 脳へ「脇汗を出さないで!」という指令を伝えることによって、 脇汗に限らず、 全ての汗腺から出る汗の量をコントロールする 薬です。

ただし、これらの薬はワキガの症状だけに特化された薬ではなく、 「多汗症」などにも使われている薬なので、
重度のワキガには、あまり効果は期待できない のが欠点ですね。

なぜかというと、
人間の体というのは、汗が出ることで一定の体温(平均で36℃)が保てるようになっているので、 万が一、薬の効き目が強すぎて、全身から汗が全く出なくなってしまったら、 それこそ生死にかかわってきてしまいますから、あまり強い薬は出せないんです。。

市販の制汗剤でも、うまく使い分けすることでワキガにも効果が十分に期待できる

市販薬にはワキガを治す薬は無い。。。ということで、 ここからは、 いかに工夫すれば市販の制汗剤でも効果が持続するようになるのか? ということについて具体的にお話ししていきます。

ひと口に「市販の制汗剤」と言っても、 制汗剤は大きくは2種類に分けられているのをご存知ですか?

それが、

・制汗剤
・デオドラント剤

になります。

この2種類の制汗剤は同じもので、呼び方が違うだけだと思っている人が意外と多いんですが、 実は効果は全く違うんですね。

その違いについてお話ししましょう。。



【 制汗剤 】
制汗剤の最大の目的は 「汗を抑えること」 であって、臭いを消すものではありません。

汗を出す元となっている汗腺を引き締め、一時的に汗腺を細くすることで、
汗の出る量を減らします


【 デオドラント剤 】
デオドラントの最大の目的は 「臭いを抑えること」 であって、汗を出さなくするものではありません。

そもそも臭いが発生する原因は、 汗に雑菌が交わることで嫌な臭いが作られるので、 その前に
殺菌して臭いを作る元を失くしてしまう ことで、臭いの発生を防いでいます。

【 ポイント 】
・制汗剤 = 汗を抑えるモノ
・デオドラント = 雑菌を殺菌するモノ
僕達は、制汗剤もデオドラントも、ひとまとめにして 「 制汗剤 」 と呼んでることが多いのですが、 実は、これだけの効果の違いがあったんですね。

それでは、
ワキガ対策として使うのなら、制汗剤とデオドラントと、どちらを使い分けるのが効果的 と言えるのでしょうか?

「両方!」という意見も出そうなのですが、 同時に使うと、余計に臭いが酷くなってしまうことがあるので、それはNGです。

デオドラントは殺菌作用としての成分が主なのですが、 多少は香り成分も含まれてます。

なので、使い方を間違えてしまうと、 ワキガの臭いと、デオドラントの臭いがミックスされてしまって、 臭いを悪化させてしまう可能性が非常に高くなります。

従って、
ワキガ対策を考えるのであれば、制汗剤のほうが適してる わけなのです。

でも最初に市販の制汗剤じゃワキガには効果が無いと言ってたじゃないか!!

はい!
確かに、その通りでございます。。。(汗)

しかし、市販の制汗剤と言っても色んなタイプがありますよね。

1.スプレータイプの制汗剤
2.クリームタイプの制汗剤
3.シートタイプの制汗剤
4.ウォータータイプの制汗剤
ざっと考えてみただけ4タイプの制汗剤が、 ドラッグストアには所狭しと置かれています。

僕が伝えたかったのは、制汗剤とデオドラントの使い分けではなく、
制汗剤のタイプの使い分け方 だったんです。
スミマセンでした。。

それぞれのタイプの制汗剤の特徴

市販の制汗剤は大きく分けて4種類 のタイプがありますが、 汗の量や汗の質(サラサラした汗やベトついた汗)を考えて、上手く使い分けることで、 ワキガへの効果を高めることも出来るのです。

それぞれの特徴についてご説明しょう。


1.スプレータイプの制汗剤

少ない量の汗に向いていて、シューっと吹きかけた時のひんやりした感覚と爽やかさがあることで、 汗をかいても、 サラサラした汗の人に向いてる 制汗剤です。



■ メリット
・爽やか感が他の制汗剤に比べて突出してる
・殺菌効果が高い
・消臭効果が高い
・持ち運びに便利

■ デメリット
・大量の汗だと効果は1時間程度

どちらかと言えば、ダラダラと流れ落ちるくらいの汗には不向きですが、 小汗には最適ですね。




2.クリームタイプの制汗剤

スプレータイプは汗が出る前の予防と、汗が出た時の両方に対応できるのに対して、 クリームタイプは汗が出る前の予防 として、出勤前や登校前に使われることが多い制汗剤です。


■ メリット
・毛穴を引き締め、汗を出にくくする
・殺菌効果に優れ臭いが発生しにくい
・ほぼ汗をかかない人なら朝塗ればOK

■ デメリット
・汗をかいた後の塗り治しが面倒

滅多に汗をかくことがないけれど、時々汗をかくことがある、 という人には向いていますが、万が一汗をかいてしまった場合、 上塗りではなく、一度キレイに汗を拭いてから塗り治さないと効果がないので、 手間がかかる時もあります。




3.シートタイプの制汗剤

シートタイプの制汗剤は、梅雨時期などのベタついた汗や、 男性のように脂が混ざったような べトつく汗に効果のある 制汗剤です。



■ メリット
・脂と汗と両方が取れる
・サッパリ感に優れている
・消臭効果が得られる
・持ち運びしやすい

■ デメリット
・汗を抑える作用がない
・汗が出るたびに拭く必要がある

どちらかというと男性に人気のあるタイプで、 特に男性は女性に比べて、脂っぽい顔に汗が混じることが多いのと、 拭いた後のサッパリ感や、 ポケットに入れて気軽に持ち歩けることで人気となっています。




4.ウォータータイプの制汗剤

どちらかというと、夏の日差しが強い日に、 運動やチカラ仕事などで大量の汗をかいた直後にマッチします。 清涼感はどのタイプより優れている ので、 部活で大量にあせをかく中学生・高校生などに人気がある制汗剤です。



■ メリット
・メントール入りで清涼感は抜群
・パウダー配合でサラサラ感が得られる
・全身に使える
・殺菌効果が高いので消臭にも優れている

■ デメリット
・汗を抑える作用が弱い分、汗が出やすい

汗の臭いを消すだけでなく、特に夏場の日差しによる顔の火照りを鎮め、 清涼感も味わえるので、お風呂上りに全身に吹きかけると気持ちいいという理由で、 特に夏場に人気が高い制汗剤です。

どんなタイプの制汗剤を組み合わせるかを考える前に必ずやっておくべき事

4種類の制汗剤のタイプと特徴についてお話しさせて頂きました。

あとは、どんな組み合わせで使えば、よりワキガ対策としての効果が期待出来るのでしょうか?

実はその前に、とても大事なことがあります。

そもそも
ワキガの汗というのは、運動や暑い時に出る汗とは別の汗腺から出ている ということはご存知でしたか?

つまり、

・ワキガじゃない人 = 汗腺は1種類
・ワキガの人 = 汗腺は2種類
という大きな違いがあるんですね。

病気にしても、ケガにしても、治療をするには、 まずは原因と、その箇所がどんな仕組みになっているのかが分からなければ、 治療の仕様がありませんよね。

ワキガ対策をするのも全く同じことが言えるんです。

対策をする前に、

・ワキガになった原因
・汗が大量に出る理由
・独特の臭いが発生する理由


最低でも、この3点を知っておかなければ、 効果的なワキガ対策ができないのです。

病気やケガならば、専門の医師に任せておけば大丈夫でしょうが、 ワキガは自分自身のチカラで対策をしていかないといけないわけなんですね。

なので、制汗剤をどう組み合わせれば。。。 という事を考える事よりも先に、ワキガについての知識を付けておくことが必要なんです。

それほど複雑で難しいものではありません。 3分あれば十分だと思います。ぜひ覚えておきましょう。。


ワキガ対策に必見!ワキガになる原因と仕組みが分からなければケアは無理な理由

実際にどんなタイプの制汗剤を組み合わせ使えば効果のアップが期待できるのか?

さて、ワキガの原因や、脇汗、ワキガ独特の臭いが発生する理由はお分かり頂けましたでしょうか。。

では、ワキガ対策をするのに、市販の制汗剤のタイプを使い分けて対策をとるには、 どんな方法があるのか?僕の場合の例をとって説明していきたいと思います。

ワキガの臭いはアポクリン汗腺という、 特殊な汗腺から排出される汗と、 バクテリアなどの雑菌によって作られる、 ということは理解されたかと思います。

ワキガは普通の汗と違って、少しの量でも、あっという間に臭いが拡大していってしまうので、

脇汗を徹底的に抑えること!

これが基本中の基本です。


ワキガ対策として一番有効な組み合わせ

より完璧なワキガ対策を目指すなら
・クリームタイプの制汗剤
・スプレータイプの制汗剤 + 【 汗脇パッド 】
・シートタイプの制汗剤


この3種類の制汗剤+汗脇パッドを上手に組み合わせていきます。

では、4つのステップに分けて順番にお話ししていきましょう。



【 ステップ1 シートタイプの制汗剤 】
出勤前、登校前、あるいは外出の前に、 一旦、脇の下をキレイに洗うか、シートタイプの制汗剤で、 汗や皮脂、汚れを落とします。





【 ステップ2 クリームタイプの制汗剤 】
脇の下をキレイにしたら、クリームタイプの制汗剤を多目に脇の下に塗り、 出来るだけ広範囲にわたって、毛穴によく浸透するように塗り込みます。



男性の場合、本来なら脇毛を剃ってしまったほうがいいのですが、 どうしても抵抗がある場合は、せめて短めにカットすることをお勧めします。

脇毛がごちゃごちゃとあると、脇毛にばかりクリームがついてしまって、 肝心な毛穴まで届かないことが多いからです。




【 ステップ3 汗脇パッド 】
本来、軽いワキガなら、これだけでも十分効果が期待できるのですが。。。

実はワキガの臭いというのは、
半分が脇の下からで、あとの半分は衣類からの臭い なんです。



一旦衣類に汗が染み込んでしまうと、 いくら脇の下をキレイにしても、衣類から臭ってくるので、 新しい衣類に取り換えないと意味がなくなってしまうんですね。

そこで、万が一脇汗が出てきてしまっても、
衣類に汗が染み込むのを防いでくれる汗脇パッド を合わせて使う事をお勧めします。



汗脇パッドは出来る限り汗の吸収力が強くて、例え脇汗が出ても、 脇の下をサラサラな状態に保ってくれて、 下着類に汗が届かないものを選びます。

重度のワキガの場合は、使い捨てではなく、洗濯して何度も使えるタイプがお勧めですね。

また、最近は「男性用汗脇パッド」の種類も増えてきているので、 女性に限らず、男性にもぜひお勧めします。



【 汗脇パッドのワキガ対策ポイント 】
・吸収性に優れている
・洗濯して何度も使い回しできる
・替えの汗脇パッドを持ち歩く
・汗の量が多い人は、広範囲をカバーできるロングタイプがおススメ



【 ステップ4 スプレータイプの制汗剤 】
そして仕上げに、無臭・無着色のスプレータイプの制汗剤を、 直接、脇の下と接触する衣類の脇部周りに軽く吹き付けてください。



スプレータイプは殺菌作用に優れているので、 少量の汗なら、衣類に染み込んでしまっても、殺菌で臭いを作る原因を抑えることが出来るからです。

あくまでも、スプレーで衣類がビショビショに濡れない程度に。。。



まとめ
1.まずはシートで脇を清潔な状態に
2.脇にたっぷりクリームを塗り込む
3.万が一に備えて汗脇パッド
4.衣類へ抗菌スプレー
この4ステップのことをシッカリやってもらえれば、
軽度のワキガなら、ほぼ丸1日。
重度のワキガでも、運動や肉体労働系の仕事でもなく、 ほとんど体を動かさない人なら10時間前後は効果が持続します。

正直、重度のワキガでも、 激しい運動をしたり、僕のように肉体労働系の仕事に就いている人は、 途中で最低1回はやり直す必要が出てくる可能性は大です。


最大のポイントとして
絶対に衣類には汗を染み込ませないこと!

これを忘れずに頭の中に入れておけば、 工夫次第では何通りの組み合わせでも、市販の制汗剤でワキガ対策することも可能になりますので。。


万一、途中で脇汗が出てしまった場合

万が一、仕事中や授業中、外出先で脇汗が出てしまった場合は、 汗が衣類に染み込む前に。

人前では恥ずかしいので、トイレなどの個室を利用して
・脇の下をシートでキレイに拭く
・臭いが無くなったことを確認してクリームを塗り直す

などを行います。。

この時、汗脇パッドにも汗が到達してしまっている場合、 汗脇パッドから衣類へ汗が染み込んでしまう可能性もあるので、
汗脇パッドも取り換えることを勧め します。

また、タイミングによっては、脇汗を感じても、すぐに対応できなくて、 衣類にまで汗が到達してしまう恐れもありますので、 着替え用の衣類(下着)を1枚用意しておけば、 より完璧なワキガ対策ができるでしょう。

本当なら1タイプの制汗剤だけでワキガ対策できるのがベストなんですが。。。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

本来ならば、1タイプの制汗剤だけで、効果が長時間持続してくれれば一番ベストなんですが。 残念ながら、ワキガには1タイプの制汗剤だけでは限界があります。

しかし、今回のように、何種類かのタイプの制汗剤の特徴を知ったうえで、 それを上手く組み合わせることによって、
確実に効果の持続時間はアップします (実験済み)


ワキガというのはご存知の通り、重度のワキガもあれば、軽度のワキガもあるし、 臭いの強さや汗の量も、人によってさまざまありますよね。

正直、僕の場合は、最終的には手術が必要になるほど超重度のワキガだったので、 先程紹介した「ステップ1」~「ステップ4」までの方法を、 1日に最低1回はやり直す(お昼休憩中などに)必要がありました。

でも、手術を極力避けるためには、
本来「ワキガには効果がない」といわれている制汗剤でも、 少々手間がかかっても、工夫を重ねて対策いくしか、 今のところ方法はないんですね。


今回の質問者の方も言われていた通り、

どうしてドラッグストアには「ワキガ専用の制汗剤」が置かれてないんだろう? と、僕も同じ事をずっと不思議に思ってました。

これだけ医学が進歩し、風邪薬にしても、頭痛薬にしても、 どんどん進化して、
「熱だけに特化した」
「せきだけに特化した」
「鼻水だけに特化した」
と、より細かい症状に特化した薬が増えているにもかかわらず、
「ワキガに特化した」薬は未だに見たことがありません。

そこで僕は、普段からお世話になっている形成外科の先生に、 不思議に思っていたことを、ストレートに聞いてみたことがあったんですね。

そして、先生から返された言葉を聞いて、 ようやく「そういう事だったんだ。。。」と納得せざるを得なかったわけなんです。

とても現実的なことなので、もし興味があったら参考にしてみてください。。


ドラッグストアにワキガ専用クリームが置かれてない理由とは?

いずれにしても、手術以外のワキガ対策をするとしたら、 残念ながら、手間と時間をかけてでも、 市販の制汗剤のタイプを上手く組み合わせて対応していくしかないのが現実です。

ただ、重度のワキガになると、1日に何度も行う必要が出てくる場合もありますが、 軽度のワキガであれば、朝、家を出る前に、多少手間でも効果があった。。 という人も沢山いますので頑張ってみてください。

最後にもう一度

ポイントは衣類に汗を染み込ませない
こと。。これに尽きます。

手術を考える前に!
【 一番売れてるワキガクリーム 】

クリアネオ