ﻃ\ ビュッVホットによるッbゃゃ手Bは再発ぃ心配ぃbぃFいですか?
ッbゃゃ臃ッT脇の下の汗のニオめA寃Z策
ビュッVホットでぃッbゃゃ沃T療にぁAいて教えぃください。 ッbゃゃ手BにぁAいて誃\ぃPぃいるぃぃ@すが、 ビュッVホットという沃T療Eがあることを知りました。 ビュッVホットとぃbぃDんな沃T療Eなんでしょうか? ぃZた、ビチEッVホットは再発ぃFぃDぃ心配ぃbぃFいのぃ@しょうか?

ビュッVホットでぃッbゃゃ沃T療は再発ぃ心配ぃbぃFいですか?

ビュッVホットでぃッbゃゃ沃T療にぁAいて教えぃください。

ッbゃゃ手BにぁAいて誃\ぃPぃいるぃぃ@すが、 ビュッVホットという沃T療Eがあることを知りました。

ビュッVホットとぃbぃDんな沃T療Eなんでしょうか?
ぃZた、再癃RぃFぃDぃ心配ぃbぃFいのぃ@しょうか?

私は重Rぃッbゃゃぃ@す。
脇Aが半HbぃFいです。
真冬ぃ寒い旁Eぃ@もタッD~っぃB垂れぃくるぐらいAをかきぃZす。
緊VIしたりするとぃZすますAの勁uいが増しぃきて臃いもきつくなります。

艃bいCT療EがぃFいか艃C々F\ぃPたのぃ@すが、 いろんな沃T療Eや手BEがあり、手術にかかるCT甃Bや再癃RぃッFゃPゃbぃFぃDも@々で、 何が一畃FッbゃゃぃH劃P果があるぃか分かりぃZせん。

やはりワゃゃを僇CTさせるにぃb切開法が再発も[なくて一畃F劃P果的ぃ@しょうか?

私が今、[にぃFぁvぃいるぃぃb、ビチEッVホットという沃T療Eなんですが、 重Rぃ多A症ぃ@も効果ありますかぃ?
これぃb汗と臃いの丁B斃P消えるのぃ@しょうか?

実際ビュッVホットで沃T療されたことぃある斃P、感惃Eを聞かせぃ下さい。
再発ぃbもちろん嫌なぃぃ@艃C々な体BHお願いします。

ぃZた、ビチEッVホットじゃなく、 切開法で手Bされた斃Pぃ体BHもおBいします。
旃Dく臭いや汗から@v攃Zされたいぃ@すV 況v )
1V情Eぃ奃E子です。

ビュッVホットでぃ再発ぃbぃFいのかV

こんぃHぁBぃb。
当サめAト烇B理RRぃkXXXです。
実は、僕臃F躃HもVVPG間 「 重Rぃッbゃゃ 」 ぃH悃Dぃ\苃しみ、 意を汃Rしてッbゃゃ手BにぃZぃ@挑んぁ@ものぃ、 5PG後に再発してしまぁvたという苃いIBを持っぃいます。。

いまぃ@ぃb 「 重Rぃッbゃゃ 」 から、周囃CぃHぃbぃTぃBんど気Tかれない 「 軃X広ぃッbゃゃ 」 ぃHぃZぃ@回ZDすることぃH成功した実NZもNまえて、 ッbゃゃぃ悃Dぃ\ぃH閁uするめuドバめAゃPぃFぃDをさせていたぁ@きたいと思いぃZす。


さて、EF問者の斃Pからぃ
「 ビュッVホットとぃbぃDんな沃T療Eなんですか? 」
「 ビュッVホットでぃ再発ぃbぃFいですか? 」
ぃBいうことぃ@すが、

ぃZず、ビチEッVホットとぃbぃDんな沃T療Eなぃかを簁B単に誃明しぃおきぃZしょう。

ビュッVホットは脇を切らずにッbゃゃをCT療する方法です。

脇を切開しないTvわりぃH、EI紁[ぃ針を刃Rし、 針がッbゃゃやAA症ぃ原因ぃBぃFぁvぃいる汗腺( めuボクッFッE汗腺ぃBゃBゃbッFッE汗腺 ) ぃH届いた時炃Pぃ@高周況u煃@射を行い、 高周況uぃ熃A( 最夃@ぃ@7VRぃ熃A ) ぃHよっぃ汗腺を@G壊するという沃T療Eです。

少し詃Aしが雁vしくぃFぁvぃしまいましたが、
分かりやすく誃明すると、
脇の下を切開する仁vわりぃH針を刃Rし、そこから熱をNえぃッbゃゃやAA症ぃ原因ぃBぃFぁvぃいる 汗腺を@G壊しぃしまおうぃBいうことぃ@す。

汗腺を@G壊するこぃBぃHよっぃ、脇ぃ下からの汗が凃RぃFいようにぃFります。
汗が凃RぃFくなるこぃBぃ@臃いも焁Bくなるということぃ@す。

ただし、ビチEッVホットは保険が適甃BされぃFいため、 3VNXVVN円ぃB貃T甃Bぃb高BにぃFります。

再発ぃ參b胃X怃@ぃHぁAいてぃ@すが、
切開法は匃T布Hが自らの盃ぃ@碃R認しぃFがら汗腺を除厃Tしていくため 汗腺ぃ取り残しが[ないのぃH寃Zして、 ビュッVホットは切開をしぃFいTvわりぃH匃T布Hが全ぃぃ汗腺が@G壊されたかどうかぃ碃R認が 匃T布H臃Fらの盃ぃ@碃R認するこぃBが出杁EぃZせん。

従っぃ、切開EとビュッVホットでぃbぃDぁBらが再発する參b胃X怃@がHいかといえぁ[、 汗腺ぃ取り残しぃ參b胃X怃@があるビチEッVホットにぃFぁvぃしまいます。


それから、ワゃゃ手B自体にぁAいてもB及しぃおきぃZすと、
今回ぃ賃F問者の斃Pぃ堃G合、 幃G齁uがVV情EぃBいうことぃ@すよぃ。

結HからBぁvぃしまうと、
手Bは少し待ったほうがよかぁvたのぃ@ぃbぃFいかぃB思いぃZす。

ぃFぜなら、思春期V 1V情E~VV情E ) ぃBいうぃぃb体が完全ぃH凃R杁E上がぁvぃいないN、 めuボクッFッE汗腺も成镃L殃I階にありぃZす。

( めuボクッFッE汗腺 = ッbゃゃぃ原因ぃBぃFぁvぃいる汗腺ぃ@ッbゃゃ体EFぃ亃Rぁ@けが持っぃいる牃P殊な汗腺。 後ほぃD詃Eしく誃明しぃZす )



成長途Nぃ@めuボクッFッE汗腺を取り除いたぃBしても、 斁[たなめuボクッFッE汗腺が再生されてしまえば、I果ぃBして再発ぃBいう 最悃Fぃ事態を招きますし、
堃G合によっぃぃb手B前よりぃCぃDい状態にぃFぁvたりする堃G合もありぃZす。

ッbゃゃぃBいうぃぃb、
「 ッbゃゃ 」 ぃBいうくくりは同じぃ@あっぃも、
怃@刁E、PG齁u、ワゃゃぃ元とぃFぁvぃいる 「 めuボクッFッE汗腺 」 が 激しく洃T癃R化しぃいるか、あぃZりGT癃R化しぃいないかぃFぃD、 亃RぃHよっぃッbゃゃぃ程Rもそれぞれ違います。

当然めuボクッFッE汗腺が非布NぃH洃T癃R化しぃいれぁ[、 脇Aの量も凄くぃFりますし、臭いもゃツクぃFります。 ( 「 重Rぃッbゃゃ 」 ぃB呃Vぁ[れています )

牃PぃH思春期はめuボクッFッE汗腺がGT癃R化しぃいる時期ぃ@もあります。

ぃDんなぃH 「 名医 」 ぃB言われぃいる匃T布Hぃ@も、
重Rぃッbゃゃ体EFぃ亃R.VV
ぁAぃZり、アボクッFッE汗腺が非布NぃH洃T癃R的である亃Rぃ堃G合、 手BでめuボクッFッE汗腺を全ぃ取り陁Aいても、 斁[しいめuボクッFッE汗腺が再生される參b胃X怃@もあり、

もしも、新しいめuボクッFッE汗腺が再生されてしまえば、 当然もとぃッbゃゃ体EFぃH戃Tぁvぃしまいます。

ただ、これは、あくまぃ@も
「 一舃的に言われぃいる 」
ぃBいうぁ@けのことぃ@あっぃ、 2V情Eを過ぎて手Bをすれぁ[1VVV再癃Rしないということぃ@ぃbありぃZせん。


例え成RRしていても、もぃBもとめuボクッFッE汗腺ぃ洃T癃Rが\しければ激しい亃RぃTぃD 再生胃X力も弃Lくなるのぃ@、XRも再癃RをP[り\す亃RもNぃHぃbいます。

ぃFぃぃ@、VV情Eを過ぎても、VV情Eを過ぎても、 再発する体EFぃ亃Rぃb再発してしまうのぃ@す。

ッbゃゃ手BZの再発率は、手術方法や、手術を行う幃G齁u、 手Bを斃Xす医布Hぃ腕によっぃも違ぁvぃくるぃぃ@、 一概に 「 再発率○○V 」 ぃB言い切るのぃb非NNぃH雁vしいぃ@す。

そしぃ、Vつ言えることぃb、ワゃゃ手Bは美僇P外@なぃDぃゃIめAトなぃDぃ@ぃb、 気TXぃH凃R杁Eるように謃Eぁvぃ( うたぁvぃ ) ぃBころもあるようですが、
実は非NNぃH雁vしい手BであるぃBいうことぁ@けは矁Eぁvぃおいぃください。

僕としてぃb、IBN 「 ッbゃゃ手B 」 ぃb 再発ぃッFゃPゃbが非布NぃH高いぃB考えぃいるぃぃ@、あぃZりオゃPゃPチBぃbしたくありません。
( 牃PぃH思春期の亃R )

そこぃ@、

僕自躃HもIBしたワゃゃ手Bの夃A敗と実XBをもとぃH、出杁Eる限りワゃゃ手Bをしないで、 ッbゃゃぃ臃いを楃I力抑える斃P法、
ぃZた、ワゃゃ手BをしたけれぃD再発してしまぁvたRRぃHぃb、 今Z、手術TE外でぃDうケめuすれぁ[ッbゃゃぃ臃いを抑えられるか、といったこぃB伝えぃいきたいぃB思いぃZす。

手Bをしないでッbゃゃぃ症状を抑えたいならワゃゃぃ原因を理见vすることがA@事V

そもそもッbゃゃぃ原因ぁvぃ何でしょうV

ッbゃゃぃ亃RぃH意Aと多いぃぃ@すが、 臃F分がッbゃゃぁ@ぃB臃F覚はしていても、 その原因ぃZぃ@分かぁvぃいる亃Rが[ないのぃ@す。

ッbゃゃぃ原因を知らないまぃZ、僇易ぃF気持ぁBぃ@手Bをしてしまぁvたり、 市CDぃゃPプレッVやデゃFドラッEト噴きかけまくっぃ臃いをごまかそうとしても、 それぃb焁B駄なゃAめuをP[り\しぃいるぁ@けなぃぃ@す。

ッbゃゃをCTしたいなら、まずはッbゃゃぃHぃFる原囁@ぃB仕Iみを 矁EぁvぃおきぃZしょう。。

亃R間の体にぃb、Aを凃RすA腺ぃBして、
「 ゃBゃbッFッE汗腺 」 ぃB 「 めuボクッFッE汗腺 」 ぃB呃Vぁ[れる 2B類の汗腺が僅在しているぃぃ@すが、

ッbゃゃぃ原因をXっぃいる汗腺が 「 めuボクッFッE汗腺 」 ぃ@す。V  T 重胒 )
( 下図参照 )



ゃBゃbッFッE汗腺ぃb、RR間であれぁ[誁[もが持っぃいる汗腺ぃ@、 元B躃HぃいたるところぃH存在していて、 運動した時やゃIゃナなぃDぃH允Eぁvぃいる時に凃RるAをゃEッEトロッVッHしている汗腺ぃ@あるぃぃH寃Zして、

めuボクッFッE汗腺ぃb、脇ぃ下や陁[郃B、考Eぃ七( 外考E道 )、肛門、PE較FぃFぃD限られた郃B位に存在する汗腺ぃ@す。

めuボクッFッE汗腺から凃RるAは、白ぁvぃXい色ぃ@粘り気があるぃが特徃Gぃ@、 ゃ\ッEパク賃FッT脂EFッT糖EFッTめuッEチuニアッT鉄分ぃFぃDが含ぃZれています。

これらの成分が皮膚の衃B靁uぃH存在する布N圃B菌によっぃ分@vされるこぃBぃ@、 ッbゃゃ狃牃PぃニオめAが発生するのぃ@す。
これぃH皃脂が淃Lざり合うぃB臃いはさらぃH弃Lくなります。

ッbゃゃぃ原因ぃHめuボクッFッE汗腺がA@きく閁u係しぃいることぃb分かぁvぃもらえたぃB思いぃZすが、 実は、
めuボクッFッE汗腺ぃb誁[もが持っぃいる汗腺ぃ@ぃbありぃZせん。

一舃的に、アボクッFッE汗腺を持ぁvぃいる亃Rぃb、 旁E會亃Rぃ堃G合、VVVBRぃB言われぃいます。
ぁAぃZり、
このめuボクッFッE汗腺を持ぁvぃいる1VVの亃R達が、 いわゆる 「 ッbゃゃ体EF 」 ぃB言われるRR達なぃぃ@す。

ッbゃゃぃH劃Pくという斃P法のぃTぃBんどぃb手間ぃB時間がかかる

実は僕自躃Hも 「 重Rぃッbゃゃ 」 ぃ@した。
2V情Eぃ時に 「 吃N引E 」 ぃBいうッbゃゃ手Bを受けたこぃBがあるのぃ@す。

貃T甃Bぃb1VN円程Rぃ@手BLBもそれほぃD盃立つものぃ@ぃbありぃZせんぃ@した。
手Bをして2PGくらいは脇AもそれぃTぃDぃFく、臭いも焁Bく、
「 こんぃF簁B単にッbゃゃがCTるんぃFらもぁvぃB旃Dくやぁvぃおけぁ[よかぁvた 」
ぃB思ったほぃD順F\ぃ@した。

ぃBころが、手術をした5PG後にぃbッbゃゃが再癃Rしてしまぁvたのぃ@す。
言葉でぃb言い現せないほぃDぃゃLッ@ックぃ@、 絃J望と、これからどうしたらいいぃか、お先真ぁv暗で頃ぃ七が真ぁv癃XぃHぃFぁvたこぃBを 覚えぃいます。

そんぃF経Bがあったのぃ@、僕的にぃb余Bのことがない限りワゃゃ手BはゃFゃPゃPチBしたくないのぃ@す。

よく、ワゃゃ体EFを改善するにぃb、
「 食R内它Pを改善したほうがいい 」
「 運動をしぃ汗を流したほうがいい 」
「 こまめに汗拭きシッVトなぃDぃ@拃くのがいい 」

ぃFぃD、いろんぃF斃P法がネットや専門曃NぃFぃDぃ@曃Nかれぃいますが、
実際ぃHやっぃぃ\ると、I@な手間ぃB時間がかかったりするものぃ@す。

経Bしぃいる亃RぃFら分かるぃB思いぃZすが、
手間ぃB時間がかかるぃBいうことぃb、よぁvぃXぃDぃ弃Lい意志がぃFいと镃L続きしませんよね。
さらぃH、ほぃBんどぃ斃P法が劃P果がぃFいのが僇情ぃ@、
結Aぃb「 手間 」 ぃB 「 時間 」 をかけないで何とかワゃゃ寃Z策するにぃb、 市CDぃ刃J汗剤やデゃFドラッEト剤ぃH頃Vらざるを得くぃFぁvぃしまうのが現実なわけぃ@す。

けれぃDも、

ドラッグゃPトアぃFぃDぃ@手TXぃH手に允Eる 刃J汗剤やデゃFドラッEト剤ぃ@ぃbッbゃゃぃHぃb一切効果はありぃZせん。
恐らくワゃゃ体EFぃ亃RぃFら、そんなことぃb十分扃\矁EしているぃB思いぃZすが。。

それぃ@もやぁvぃAり制汗剤やデゃFドラッEト剤ぃH頃Vりたくなぁvぃしまうのぃb 「 手間 」 ぃB 「 時間 」 がかからぃFいからですよぃ。

ぃ@ぃb、Xで市CDぃ刃J汗剤やデゃFドラッEト剤ぃbッbゃゃぃHぃb劃Pかないんぃ@しょうか?
ぃZた、ワゃゃぃH劃P果のある刃J汗剤やデゃFドラッEト剤ぃb焁Bいのぃ@しょうか?

ぃFぜワゃゃぃHぃb市CDぃ刃J汗剤ぃFぃDが効かないのぃ@しょうV

そもそも、エめAトフゃDッVぃFぃDぃH仁v衃Bされる制汗スプレッV類やデオドラッEトBは、 先BF明したように、 「 ゃBゃbッFッE汗腺 」 から凃RるAのニオめA、、、つぃZり 「 晃通の汗 」 ぃB 「 汗のニオめA 」 を抑えるものぃ@あっぃ、
「 めuボクッFッE汗腺 」 から凃Rるワゃゃ牃P有の汗や臃いを抑えるもぃぃ@ぃbありぃZせん。



「 ゃBゃbッFッE汗腺 」 から凃RるAと 「 めuボクッFッE汗腺 」 から凃RるAとぃ 違いを、ちゃんぃB理@vしていないで、
あらゆるゃPプレッVやデゃFドラッEトを詃した結果
「 あのゃPプレッVも効かないV 」
「 このゃPプレッVも効かないV 」
ぃB言ぁvぃいる亃RがAいぃぃ@すが、それは当たり前ぃことぃFんです。

例えぃ言うならば、
頃が痛いのぃH、@痛薬ぃ@ぃbぃFく胃薃をvCんで、
「 頃痛が沃TらないV 」
ぃB言ぁvぃるこぃBぃB同じことぃ@、それくらい違いがあるということぃFんですね。。

さらぃH、もうVつ、
ッbゃゃぃ亃RぃH、 市CDぃ刃J汗スプレッVやデゃFドラッEトが劃PかないAR定的ぃF理由があります。
その理由をお詃AししぃZしょう。。

ぃZず、ドッDッグゃPトアぃFぃDぃ@壃Cられぃいる 市CDぃ刃J汗スプレッVやデゃFドラッEトは、 一舃的にぃDういぁvたRRたちをタッVゃCットぃHして貃D壃Cされぃいるぃかを考えぃぃ\ぃください?


ッbゃゃ体EFぃ亃Rぃb旁E會亃RぃわずかVVVBRしかいないと言われぃいます。

ぁAぃZり、スプレッVぃFぃDをvX送@する企E偃Gからしてぃ\れば、 わずかVVVTE下のッbゃゃ体EFぃ亃RたちをタッVゃCットぃH、
「 ッbゃゃ専用ゃPプレッV 」
ぃFる商品を開発したぃBしても、
貃D壃C寃Z豁BがRR叁vぃわずかVVVTE下しかいぃFいわけで、 最初から利益が凃RぃFいということも分かっぃいます。

一斃P、
ッbゃゃ体EFぃ@ぃFいVVVの亃RたちをタッVゃCットぃHした ゃPプレッVやデゃFドラッEトを開発ッT夃@量生甁vしたぃTうが、 たくさん壃Cれますし、あるBR刃D益が凃RるこぃBもR想ぃ@きますよぃ。


企EぃBいうぃぃb、あるBR壃Cれる見ZVぃ\があるから、 多[のゃEゃPトはかかぁvぃも、vX品を夃@量生甁vして元B囃Xぃ ドラッグゃPトアぃFぃDぃ@貃D壃Cしているぃぃ@す。

最初から利益にぁAぃFがらぃFいと分かぁvぃいる商品を、 わざわざ多BなゃEゃPトをかけぃ開発する企Eぃb、 ボラッEティめuぃ@ぃbぃFいのぃ@すから僅在しないのぃ@す。

そこがAZ会の珃Z実であり、Xたり前ぃことぃBいえぁ[当たり前ぃことぃFんですね。

これがNCDされぃいる刃J汗剤やデゃFドラッEト剤がワゃゃ体EFぃ亃RぃHぃb 劃PかないAR定的ぃF理由ぃB、 ドラッグゃPトアぃ@ 「 ッbゃゃ専用 」 ぃゃPプレッV類が貃D壃CされぃぃFい理甃Aぃ@す。

ッbゃゃ専用ぃ刃J汗剤ぃbぃFいのかV

ぃ@ぃb、ワゃゃ体EFぃ亃RがX\えるようぃF刃J汗剤やデゃFドラッEト剤ぃb旁E會ぃHぃbぃFいのぃ@しょうか?

市CDされぃいるデオドラッEトの七ぃHぃbニオめAやAを抑える効果が高いぃB謃Eぁvぃ( うたぁvぃ ) いるものもありますが、
実際ぃ詃Aし、千円BRぃ@貃Lえる商品ぃHッbゃゃを抑える劃P果が期ZできるぃFんて、 ぃDう考えぃも、ありZないDAしだぃB僕は思いぃZす。

最も期待できるぃぃbネットで貃D壃Cされぃいる刃J汗剤やデゃFドラッEト商品でしょう。

ドラッグゃPトアぃFぃDぃ@貃D壃Cされぃいる刃J汗剤ぃb、 ッbゃゃ臃を抑えるものぃ@ぃbぃFく、 いわゆる 「 晃通の汗臭さ 」 を抑えるものぃ@す。

それぃH寃Zして、
ネットCD壃Cされぃいる刃J汗剤ぃb、NCDぃものぃ@ぃb劃P果がぃFかったり、 ッbゃゃ体EFぃH劃Pく制汗剤を真剁vぃH掁uしてくる亃RがAいぃぃ@、
企E偃Gも、vX送@ぃHゃEゃPトがかかぁvぃも、需要が高いことを熟矁Eしているぃぃ@、
「 ッbゃゃ体EF専用ぃ刃J汗剤 」
を開癃Rし、vX送@ッT貃D壃Cをしぃいるぃぃ@す。

当サめAト烇B理RRぃ愛用品は。。

僕が重Rぃッbゃゃぃ@あったこぃBぃb先BBぁvたとおりぃ@、 しかもワゃゃ手Bに1R夃A敗しぃいるぃBいった苦いIBも持っぃいます。

僕自躃Hもワゃゃ手Bをする前は、Xの矁E識もぃFかったのぃ@、 劃P果がぃFいのが分かっぃいても、NCDぃゃPプレッVやデゃFドラッEトを佃\うしかありませんぃ@した。

ッbゃゃ手Bに夃A敗しぃ、真剁vぃH 「 ッbゃゃ専用ぃ薃 」 を探しているぃBきに、 先BF明したとおり、NCDぃ刃J汗剤やデゃFドラッEト剤がワゃゃぃHぃb劃Pかない理甃Aを 矁Eぁvぃ、 それ仁E杁E、ネットぃ@ 「 ッbゃゃ専用 」 ぃ刃J汗剤ッTデオドラッEト剤をX\うようにぃFぁvたのぃ@す。

ここぃZぃ@较\り着くのぃH1VPGもCTやしぃしまぁvたのぃb、 何とも悔やまれる限りぃ@すが、いろんぃF情@Aを手ぃH允Eれることぃb會当に 夃@事なことぁ@ぃB実感しました。。。

僕も、最初はネットでいろんな商品をCLぁvぃ詃してぃ\たのぃ@、
1つぁ@けBえることがあるのぃ@すが、 ッbゃゃぃ堃G合、RRぃHよっぃ臃いが弃LいRRもいれば、臭いが比V的弃AいRRもいぃZす。
脇Aの量だぁvぃ多い亃R、[ないRRぃB十RR十色ぃ@あるわけぃ@、全品Bが全品B同じ商品ぃ@ 同じ劃P果が期ZできるぃBぃb限らぃFいということぃ@す。


ぃFぃぃ@、Vつぃ商品をX\ぁvぃぃ\ぃ劃P果がぃFかったからといっぃ諃めてしまうのぃb 刁A斃が早すぎるということぁ@けは、僕ぃ経Bからいぁvぃ碃R実に言えることぃ@す。


さて、これはあくぃZぃ@も僕臃F躃HがいろんぃF商品をDしてぃ\たI果、 臃F分のッbゃゃ体EFぃH一畃F合っぃいたぃが ゃbッFめuネオ ぃBいう商品ぃ@した。


僕の堃G合、重広ぃッbゃゃぁ@ぁvたのぃ@、僇全ぃHッbゃゃぃ臃いを抑えるこぃBぃb焁B理ですが、

脇AがぃTぃBんど凃RぃFくなぁvたこぃBぃHよっぃ、 今まぃ@より4分ぃ1BRぃZぃ@臃いを抑えられるようにぃFぁvたこぃBがXよりの収DHぃ@した。

牃D流関係の仕Rをしているぃぃ@、ほぃV1日七ゃHッDダぃb動かしている犃J態です。
当然、AはかきぃZすが、脇ぃ下はぃTぃBんど汗はかきぃZせん。
汗をかかぃFくなぁvたこぃBぃ@、脇ぃ下の臃いも盃G掁E鼃Tを\づけて嗅いぃ@ぃ\ると、 かすかに臃うBRぃ@、TE前のようぃH呃Bりに気TかれるぃTぃD臃いはしなくなりました。



脇の下に塗る量はッbゃゃぃ程RぃHよっぃ変えぃもらえばいいぃぃ@すが、
僕の堃G合、ワゃゃぃ程RがVLいのぃ@、出勁A前に脇の下をゃッめAぃHして、右脇と巃脇に それぞれッbッEプッゃLチEしてから脇の下の毛DGぃH浃N透するようによく塗りこみぃZす。

夜は颃B呂NりぃH、もうVRッbッEプッゃLチEずつ。
ッbゃゃぃ程RがTXいRRぃFら出勁A前にッbッEプッゃLチEするぁ@けで十分ぃ@すね。

ぁAぃZり、

ッbゃゃぃ程RがTXいRRぃFらV日ぃH1回。
僕はッbゃゃぃ程Rが重いのぃ@1日ぃH2回ぃ@、GVV日程R佃\えてぃZす。


夃@袈vな言い方かもしれぃZせんが、僕からしたらAuぃB希望をNえぃくれたモノ。。 ぃB言ぁvぃもBい過ぎでぃbありぃZせん。

ッbゃゃ体EFぁ@ぃBいうぁ@けで1VPG間も悃Dんで、 亃RぃB掁Eするぃが怖くぃ堃Fらなかった自分が、 ッbゃゃぃ臃いを半分仁E下に軃X減できたぁ@けで、 こんぃFぃH世界がAわるんぁ@ぃBいうことをRHをもぁvぃ実感してぃZす。

あくぃZぃ@も、僕臃F躃HがX\ぁvぃぃ\ぃぃ感想ぃFぃぃ@、 ッbゃゃ体EFぃ亃R元B品BぃH僕と同じ劃P果が1VVVあるとぃb言えませんが、

僕もそうぁ@ぁvたように、本当にッbゃゃをCTしたいのぃ@あれぁ[、 1つぃ商品ぃ@ダチBぃ@も、それで諃めないで違う商品もDしてぃ\るこぃBぃ@す。
そうやっぃ、自分のッbゃゃ体EFぃH合った商品を掁uし出すこぃBもA@事なことぃ@す。

いろいろ詃しているうちぃH臃F分に合ったモノが必ず見つかるハズぃ@すから、 諃めてぃbいけぃZせん。

ぃZた、 ゃbッFめuネオ ぃHぃb、 「 氃N久\金保障 」 ぃBいう刃J広があります。
佃\甃B後、効果がぃFけれぁ[何日経っぃも\金が可胃Xぃ@す。

ぃFぃぃ@、まずは臃F分のッbゃゃ体EFぃH劃P果があるぃかV逃A間BR詃してぃ\るこぃBぃ@す。
2、V日詃した程Rぃ@ぃb會当の劃P果を実感するぃぃb雁vしいぃB思いぃZすのぃ@、 最低V逃A間は詃してぃ\るこぃBをお勃@めしぃZす。

そしぃもし、効果がぃFかったり、XEFぃH合わぃFい@G合は返金保障を利甃Bすれぁ[、 欁Bぃ違う商品をDすCT甃BぃBして回せるのぃ@、 一広ぃb詃してぃ\るZB倁AぃbありぃZす。

僕自躃Hも、こうやぁvぃいくぁAもの商品をDしているうちぃH、 臃F分の体EFぃH合った商品を見つけることができ、 「 重Rぃッbゃゃ 」 から 「 軃X広ぃッbゃゃ 」 ぃZぃ@回ZDすることができたぃぃ@、 「 軃X広ぃッbゃゃ 」 ぃ亃RぃFら、ほぃV焁B臃ぃ犃J態まぃ@もっぃいけるこぃBが十分期待できます。

劃P果の焁BいNCDぃゃPプレッVやデゃFドラッEト剤ぃH焁B駄な凃R貃Tを重ぃぃいるよりも、 楃I力無駄な凃R貃Tを抑え、かぁA碃R実にッbゃゃをCTす。 この斃P法でッbゃゃぃ悃Dぃ\から旃Dく開攃Zされるよう\援してぃZす。



悃Dんでぁ[かりいて、Xも行動しなけれぁ[、N生Xも変わりません。
僕自躃HもB動することぃ@、 亃R生が1VVR変わぁvたように、B動すれぁ[、きぁvぃB 「 あなた 」 ぃHもPN運が訃Fれるぃbずです。

【 奃Eぃッbゃゃ寃Z策 】
ッbゃゃ手Bに行く前にゃbッFめuネオ

【 甃Lぃッbゃゃ寃Z策 】
ゃbッFめuネオ チBッEゃR

このペーゃNぃ先@ぃN