ワキガ手術をしないでワキガを治す方法
ワキガ手術しないで、ケアだけで何とか頑張るか? 切らない手術で根本からワキガを治してしまうかで悩んでます。 ただ、手術しない場合、具体的にどんなケアをすればいいのか分かりません。 やはり切らない手術で悩みを解決してしまったほうが良いのでしょうか?

手術しないでケアだけで対策するか?切らない手術で完全に治してしまうかで悩んでいます

私は現在27歳の女です。
仕事は派遣で、倉庫内の軽作業をしてます。

ワキガの悩みについて質問したいことがあるので、 よろしくお願いします。


いま私は、ワキガ手術しないで、ケアだけでワキガ対策を続けていくべきか? 切らない手術で完全にワキガを治してしまうべきか?で悩んでいます。

もう、10年以上も自己流のケアをしてきましたが、 殆ど効果もなく、最近は、やっぱり手術しないとダメなのかとも思ってきました。

できるだけ手術しないで、ケアで済むのであれば、 そのほうがいいのですが。。私の頭ではこれ以上良い方法が思いつきません。

手術をするとしても、傷跡が残るのだけは嫌なので、 手術するなら切らない手術しかないと思うんです。

でも、ネットの掲示板の書き込みなどを見ていると、 切らない手術は再発する確率も高くなると、何人もの人が書いていました。

それを見ると、切らない手術でも100%治ることはないんだ? と不安になってきます。

いったいどうすればワキガの臭いを防ぐことができるのでしょうか?


今働いている工場でも、私がワキガだということは殆どの人が知っています。

表面上は普通にしてても、 陰ではオバサン達に悪口を言われてることも知ってるし、 中には「その臭い何とかしろよ!」と言わんばかりの顔で見られることもあります。

本当なら会社も辞めてしまいたいくらいなのですが、 生活していくためには、簡単に辞めることもできません。

気が付くと、ワキガのことばかり考えてしまって、 精神的にも辛く、 家に帰って一人で泣いてることもあります。


このままの状態が続いたら、ワキガだけでなく、精神的にもおかしくなってしまいそうです。

例えば、私が今まで思いつかなかったようなケア方法があれば、 ぜひ教えて頂きたいのですが。。

もし、ケアでは限界があるなら、切らない手術でも再発しない手術法などあれば、 紹介して頂けると助かります。

長文になってしまい、申し訳ないのですが、 どうかよろしくお願いいたします。

ワキガは手術しないで対策したほうがいいのか?切らない手術をしてでも治すべきなのか?

こんにちは。
当サイト管理人のkazuです。

実は、僕自身も15年間 「 重度のワキガ 」 に悩み苦しみ、 意を決してワキガ手術に挑んだものの、 5年後に再発してしまったという苦い経験を持っています。。

今では 「 重度のワキガ 」 から、周囲には気付かれない 「 軽度のワキガ 」 にまで回復することに成功した実績も踏まえて、 ワキガの悩みに関するアドバイスをさせていただきます。


さて、
「 ワキガ手術しないでケアだけで症状を抑えたほうがいいのか? 」
「 切らない手術で完璧に治してしまったほうがいいのか? 」
というご質問ですが。。

非常に難しい問題ではありますが、 確かに、いわゆる
「 ワキガが原因での社内の ”いじめ” 」 は、 僕も経験してるので、精神的に辛いという気持ちはよく分かります。

それが原因で「うつ病」にまでなってしまった、 という人も僕は何人も知ってますし。。

しかし、ワキガ手術しないで症状を抑えるにしても、 切らない手術で治すにしても、 精神的に辛い思いをしたくないのであれば、
せめて「軽度のワキガ」くらいまでに持って行かないといけません ね。

それと、「軽度のワキガ」まで持って行かないといけない理由があります。


例えば「癌」という病気を例にとってみましょう。

癌は、本人はもちろん辛いですし、癌と戦う事。。 そして何よりも癌は「生死にかかわる病気」です。 そして、家族や友人、親戚も心配してくれますよね。

それに比べると「ワキガが原因で死ぬ人」はいませんが、 ワキガの症状が強ければ強いほど、
周囲の人達を不快な思いにさせてしまう ことは事実です。

会社や学校に限らず、満員電車の中や映画館など、 人が沢山集まる場所に行けば、周りの何人かは不快に思うでしょう。


・癌は心配はされるが多数の人に不快感を与えることはない

・ワキガは心配されことも無いし、多数の人達を不快にさせてしまう


この違いは物凄く大きいんですね。


ワキガなんだから仕方ないじゃん!

と開き直ってる人もいますが、 もし逆の立場だったとして。職場の隣の席の人が強烈なワキガの持ち主だったら、朝から夕方まで。。 いや、何ヵ月も何年も耐えられるでしょうか?

恐らく耐えられないでしょう。

ワキガは自分自身も辛い思いをしますが、 周りの人達を不快に思わせてしまうものなので、
人間関係が上手くいかなくなること も多分にあります。

だから、

臭いだけは出来る限り抑えるべき だと僕は思うんですね。


前置きが長くなってしまいましたが、
・手術しないで対策するか
・切らない手術で治してしまうか

どっちが正解というのはありませんが、 僕個人の意見としては、 手術しないでケアだけで対策を取るほうをお勧めします。

その理由は、
それぞれのメリット・デメリットを考えた場合、
「切らない手術」のほうが圧倒的にデメリットが多い からです。


それじゃあ、
・切らない手術をした場合
・手術しないでケアだけの場合
それぞれに、どんなメリット・デメリットがあるのか?挙げていきます。


切らない手術をした場合

【 メリット 】
・再発がなければ一生ケアなし
・傷跡が残らない
・肉体労働でも2、3日で復帰が可能


【 デメリット 】
・再発率が高い(重度ほど)
・再発した時の精神的ダメージが大きい
・再発の怖さが常に付きまとう
・費用が高い(30万~40万)




手術しないでケアだけの場合

【 メリット 】
・正しいケアなら軽度まで落とせる
・再発の心配がないから精神的には楽


【 デメリット 】
・一生続く可能性もある
・重度だとケアに多少の手間と時間がかかる


といったところで、それぞれにメリット・デメリットがあるわけですが、 切らない手術の場合、特に重度のワキガほど再発率が高くなる ので、精神的には良くないこと。

それと、僕も1度再発を経験しましたが、
再発だと分かった時の精神的ダメージ は、経験した人でないと理解できないほどの辛さだったこと。

今回の質問者の方の場合、文章ではワキガの状態まで分かりませんでしたが、 手術を考えたり、周囲の人達を不快にさせてることから判断すると、 やはり、重度のワキガだと予想されます。

一般的に、
切らない手術は「中程度のワキガ以下」に向いてる と専門医も言っているくらいなので、 重度のワキガだと、非常に再発率が高くなりますから、それが心配なんですね。

重度のワキガを完璧に治そうと思うならば、 切開する手術のほうが、再発率もグッと下がります。(但し傷跡は残る)

それを考えると、手術しないでケアだけで「軽度のワキガ」まで落とすやり方のほうを僕はお勧めします。

正しいケアを行う前に凄く重要なことがあります

ということで、今回は、 手術しないで正しいケアだけで、 「重度のワキガ」から「軽度のワキガ」まで落とす事を前提ということで、 正しいケア方法を紹介していきたいと思いますので、 よろしいでしょうか。。

その前に「軽度のワキガ」という言葉が何度も出てきているので、 まずは「軽度のワキガ」とは、どの程度のことを言っているのかを先にお話ししておきます。

ワキガは数値で状態を表すことが出来ないので、 多少あいまいな部分がありますけど、 「軽度のワキガ」の症状を挙げていきますね。


軽度のワキガの症状

軽度のワキガとは、
1.基本的に脇汗の量が少ない
2.臭っても自分にしか分からない
3.周囲の人には気づかれない
4.鼻を近づけて少し分かる程度
5.運動や極度の緊張では脇汗は出るが周りは気づかない
など、ちょっと重なったところもありますが、 一言で言ってしまうと
周囲には気付かれない!
ということです。

それでは、正しいワキガのケアとは、一体どんなことをするのか? 具体的な話しをしたいのですが、その前に凄く大事なことがあります。

それは、何をおいても

ワキガの知識を身につけること!

これがなければ、正しいケアをすることは出来ません。

病気を治療するのにも、まずは病気の原因が分からなければ、 治療の仕様がないのと同じように、ワキガのケアにおいても、 ワキガの知識がゼロでは正しいケアが出来ないんですね。

3分もあれば十分理解できるので、 ぜひ「ワキガの原因」を知っておいてください。

ワキガ対策に必見!ワキガになる原因と仕組みが分からなければケアは無理な理由

正しいワキガのケアをするための具体的な方法

いかがでしたでしょうか?
ワキガの原因や臭いが作られる仕組みは、意外と単純なものなんです。

それでは先に進みます。

まず、ワキガのケアをする上で、次の内容をシッカリ頭の中に入れておいてください。

ワキガを軽度の状態まで落とすには

1.脇汗を極力抑えること
2.汗に雑菌類を付着させないこと
3.衣類には汗を染み込ませないこと


この3点を頭の片隅に置いた状態で順番にお話ししていきます。


1.脇汗を極力抑えること

市販の制汗剤には3タイプの制汗剤があることはご存知でしょうか?

・クリームタイプの制汗剤
・スプレータイプの制汗剤
・ペーパータイプの制汗剤
これらの制汗剤。 どれも効果は一緒だと思っている人が多いんですが、 実は、それぞれ特徴があるんです。

その中で、
もっとも脇汗を抑えるのに効果があるのが「クリームタイプ」 です。

これは、毛穴をギュッと引き締めて、毛穴を細くすることで、汗を出にくくすることに優れています。


イメージ画像

このクリームをキレイにした状態の脇の下に少し多めに塗り、 毛穴の奥まで浸透するように擦りこみます。(脇が汚れていると効果がありません)

男性の場合、できれば脇毛は剃ってほしいのですが、 どうしても抵抗があるようなら、せめてハサミで短めにカットしてください。

脇毛がゴチャゴチャと生えていると、脇毛にばかりクリームが付いてしまって、 毛穴の奥まで浸透させることが難しくなってきます。

これで脇汗を抑える方法は終わりです。




2.汗に雑菌類を付着させないこと

脇汗自体には臭いが無いという事は、すでにお分かりいただいてると思いますが、 ワキガ独特の臭いが作られる原因は「雑菌」です。

雑菌は空気中だけでなく、肌にも、衣類にも、どこにでも居るので、 この
雑菌が脇汗に付着すると臭いが発生してしまう ので、それを防ぐには「殺菌」が必要ですね。

殺菌効果に一番優れている制汗剤は「スプレータイプ」 です。

イメージ画像

クリームを塗り終わったあと、少し乾き気味になった上からスプレーを吹きかけます。

ただし、香料が入ったスプレーは厳禁です。
必ず無臭のスプレー にしてください。

スプレーする量は、 スプレーの液がしたたり落ちるほど吹きかける必要はないので、 1吹き、もしくは、2吹き程度で大丈夫です。

ここまでの状態で、クリームの発汗を抑える効果、 スプレーの殺菌効果、臭い対策は、ほぼ万全になります。




3.衣類には汗を染み込ませないこと

そして更に臭いを抑える効果を倍増させるために、やって欲しいのがコチラです。。

ワキガのケアを行うのに一番重要なのが、
衣類には脇汗を染み込ませない こと。


イメージ画像

一度でも衣類に脇汗が染み込んでしまうと、 衣類の汗に雑菌が付着してしまい、脇の下だけでなく 衣類からも臭いが発生してしまいます。

そうなると、万が一、外出中(会社、学校など)に脇汗が出てしまった場合。

脇の下は、一度アルコールティッシュなどで消毒して、クリームとスプレーをやり直せば元に戻せますが、
衣類は新しいものに着替えなければ臭いが発生し続けます。

衣類に染み込んだ汗を放っておくと、 時間が経てば経つほど雑菌が増殖し、臭いも強烈になってくるんですね。

それを阻止するために有効なのが、

汗脇パッド です。


イメージ画像

強烈なワキガの臭いをさせてる人の臭いの比率で言うと、 全体を100%とすると、 40%以上は衣類からの臭いで占められている とも言われています。

なので、汗脇パッドで衣類への汗の浸透を防ぐだけで40%も臭いを防ぐことが出来るのです。

また、外出前に脇の下をケアすると同時に、衣類(脇に当たる箇所)にも、 サッと軽くスプレーして殺菌効果を高めておくのも有効です。

最近は
「男性用の汗脇パッド」 も売られていますし、 お店で見つからない時は、ネットでも手に入れることも出来るので、 ぜひ男性にもお勧めしたいアイテムですね。


イメージ画像

正しいワキガのケアのまとめ

ということで、正しいワキガのケアについてお話しさせていただきました。

まとめると

1.脇汗を極力抑えること
2.汗に雑菌類を付着させないこと
3.衣類には汗を染み込ませないこと
この3点を基本軸にして、 制汗剤も
・クリーム(発汗を抑える)
・スプレー(殺菌作用)
・汗脇パッド(衣類への浸透を防ぐ)

など、それぞれの特徴に応じて使いこなせば「軽度のワキガ」状態にまで持っていける、 ということを忘れないでください。

切らないワキガ手術の種類

ここまでは、手術しないでワキガ対策をするというお話しをしてきましたが、

やっぱり、切らない手術も気になる人もいると思います。

そんな人のために、切らない手術には、どれだけの種類があるのかを簡単に紹介します。



切らない手術名称一覧

・レーザー治療
・ミラドライ
・シェービング法
・ビューホット
・ローラクランプ法
・超音波系治療
・ウルセラドライ

などなど、多数ありますが、多くのクリニックで実施されている治療法もあれば、 そのクリニック独自で開発された治療法もあります。

僕は、治療内容までの詳しい事は分からないので、 もし興味がある場合は、「ミラドライ」などの治療名で検索してみてください。

やっぱり市販の制汗剤にも限界がありますよ。。。

長々とお読みいただきまして、ありがとうございました。

今回は、主に市販の制汗剤にも、 それぞれ特徴があるので、それを上手く組み合わせることで、 より完璧に近いワキガ対策が出来ることを紹介させて頂きました。

僕が15年間ものあいだ、重度のワキガに苦しんでいた時代には、 制汗剤といったらスプレータイプしかなかったので、 それを使うしかありませんでした。

そして5年後に再発した頃に、制汗剤のタイプも特化型に分かれてくるようになり、 更に自分自身でもワキガについて勉強した結果、 1つのタイプの制汗剤だけではダメだということが分かったのです。

試行錯誤を繰り返して、ようやく今回紹介させて頂いた方法にたどり着いたわけなんですが、
基本的に市販の制汗剤はワキガ用ではありません。

やはり限界というのもあります。


そして僕は、ワキガを発症してから、足掛け20年もの間、どうしても分からない疑問を持ってました。

それは

どうしてドラッグストアには「ワキガ専用の制汗剤」が置かれてないんだろう?
という疑問です。

そこである時、以前お世話になっていた形成外科のカウンセラーの先生に、 その疑問をストレートに聞いてみたことがあったのです。

そして、先生から返された言葉を聞いて、 ようやく「そういう事だったんだ。。。」と納得しました。

ただ、納得したと同時に、社会の厳しさというか、冷たさを感じたのも確かです。

とても現実的な話しなので、もし興味があったら参考にしてみてください。。


ドラッグストアにワキガ専用クリームが置かれてない理由とは?

いずれにしても、今後も色んなタイプの制汗剤が出てくる可能性もありますから、 ワキガの知識さえあれば、ご自身で違う方法を生み出すことできるので、 頑張ってみてください。

最後にもう一度

ポイントは衣類に汗を染み込ませない
こと。。これに尽きます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
感謝

手術を考える前に!
【 一番売れてるワキガクリーム 】

クリアネオ