ワキガ臭・脇の下の汗のニオイ対策
脇の下の臭いに悩んでいます。 1年ほど前からなんですが、 緊張したりすると脇の下から大量の汗が出て強い臭いを感じるようになりました。 それ以来、緊張していなくても臭いを意識すればするほど 脇の下の臭いが強くなるような体質になってしまったのですが。

1年前から急に脇の下から強烈な臭いがするように。。

脇の下の臭いに悩んでいます。 きっかけは1年ほど前のことなんですが、 大勢の取引先の人達の前で 会社のプレゼンテーションをすることになったのです。 今まで経験したことのないほどの緊張で、 プレゼンが始まる前から脇の下から大量の汗が出ているのが分かりました。

何となく脇の下の臭いを嗅いでみると、 ツーンと鼻をつくような臭いが。。
その時はプレゼンのことで頭がいっぱいで、 臭いを気にしてる余裕もなかったのです。
プレゼンも無事に終わり、その時には 脇の下の臭いもすっかり忘れていたのですが、 デスクに戻り書類を整理していると周囲に 異臭を感じたので、脇の下の臭いを嗅いでみると、 間違いなく自分の脇の下からツーンとした臭いがしたのです。 しかも、臭いは最初に嗅いだ時よりも更に強くなっていました。

それからというもの、ちょっと緊張したりしただけで 脇の下から大量の汗が出て強い臭いを感じるようになったのです。
さらに、ここ数ヶ月は脇の下の汗と臭いに対して異常なほど過敏になってしまって、 緊張していないときでも、意識すればするほど、 脇の下のから大量の汗が出て、臭いも強くなるような体質になってしまったのです。 これは一時的なものなのでしょうか? それともワキガ体質に変わってしまったのでしょうか?
毎日悩んでばかりで夜も眠れません。

また、下着代わりに着ているTシャツの脇の部分が黄色く変色 してしまって洗濯しても色が落ちません。 これもワキガと何か関係があるのでしょうか?

一時的に脇の下の臭いが発生することもある

実は、脇の下の汗や臭いと人間の精神状態とは深い関係があることを知っていましたか?
質問者のように、あることをキッカケに 脇の下の汗や臭いに対して異常なほど過敏になり、 さらに 「 自分はワキガなんじゃないか? 」 と思い込み、 それを意識すれば意識するほど、余計に症状がひどくなることを 僕( 当サイト管理人 )は「 一時的なワキガ 」と勝手に呼んでいます。

ただ、一時的だとは言っても、 ワキガのような臭いがするのも、脇の下に大量の汗をかくのも事実ですし、 下着の色が黄色くなるなど、 本来のワキガの症状とほとんど変わらないので、 本人が気になるのであれば、そのまま放っておくわけにはいきません。。


実は僕自身も過去に 「 重度のワキガ 」 で悩んだ経験があります。
そして、試行錯誤しながらも15年かかって 「 軽度のワキガ 」 まで回復することができました。
その経験も踏まえて、アドバイスできることはしたいと思います。

まずは脇の下を清潔にすることは大前提ですから、
出社前、お出かけ前には、 シャワーで脇の下をよく洗うこと。。時間がなければ熱めのお湯にタオルをぬらして、 脇の下の汗を十分にふき取ってください(重要)。 脇の下を不潔にしたまま、単にスプレーなどで臭いをごまかしたところで、 脇の下の臭い( ワキガ臭 )とスプレーの臭いが混じって、 よけい変な臭いを発生させてしまうだけです。

脇の下をキレイにしたら、制汗スプレーや制汗クリームなどを使うわけですが、 僕的には制汗スプレーよりも制汗クリームのほうをオススメします。 理由は直接脇の下にクリームを浸透させるようによく塗り込むことで、 汗を抑える持続時間が全然違うからです。
僕自身も脇の下の臭いや汗といったら、バカの一つ覚えで、制汗スプレーしか思いつかず、 何種類かの制汗スプレーを試してみたんですけど、どれも効果の持続時間が短くて、 1時間もしないうちに脇の下が汗でベッチョリなんてことも結構ありました。

ある時ネットを見ていると、脇の下の臭いを抑えるのはスプレータイプだけでなく、 クリームタイプもあることを知って、それを試してみることにしたのですが、 これが、たまたま自分には合っていたのかわかりませんが、スプレータイプとは 比較にならないほど効力を発揮してくれたのです。

まず、脇の下の臭いを作り出す原因の「 脇汗 」をほとんどかかなくなったことで、 一日中、脇の下の汗の臭いが気にならないなんてことも普通にあったほどですから。。 自分でも新しい発見に驚きました。

さて、スプレーやクリームの話しは一旦置いておいて、 昼間の職場や学校での脇の下の臭い対策はどうしたらいいんでしょう?

朝は出かける前に脇の下のケアはしているので、何とか臭いも汗の量も抑えられる かもしれませんが、それを1日中持続させるのは難しい話しです。

お昼近くになると、ジトーッと汗が湧き出てきて、さらに臭いも出てきてしまいます。 「 ヤバイ!ヤバイ! 」 と意識すれば意識するほど汗や臭いがキツクなるのが ワキガのたちの悪いところ。。
でも、臭ってるところへ更にスプレーなどをかけては絶対にいけません! かえって悪臭を放つ結果になってしまう恐れがあるからです。

そんな時、まず大事なことは肌着を清潔なものと取り替えることです。 もちろん肌着を取り替える前に、薬局やコンビニなどで市販されているウェットタイプのタオルで 臭くなった脇の下の汗や臭いをキレイにふき取ってください。
なぜ、肌着まで替えなくてはいけないのかというと、
実は、臭っている原因の約80%以上は肌着に染み付いた汗に菌が繁殖して、 それが臭いのもととなっているからです。 なので、いくら脇の下の汗や臭いをウェットタオルなどでふき取っても、 脇汗が染み込んだ同じ肌着を着ていたのでは全く意味がないのです。

① 脇の下をウェットタオルなどでキレイにする
② 肌着を新しいものに取り替える

少々面倒かもしれませんが、脇の下の臭いを抑えるには、これしか方法がありません。 こうやりながらでも自分の体質に合うスプレーまたはクリームなどをいろいろ試してみてください。 ワキガがピタッと治ることはないでしょうけれど、 長時間ニオイを抑えられるものが見つかるはずです。


ポイントは臭いを抑えることよりも汗の量を抑えることです。 汗の量が少なくなれば少なくなるほど臭いも弱くなってくるからです。 臭いを抑えることに重点を置くあまり、 香水や香料の強いスプレーをしても、脇の下の汗の量が減らなければ、 基本的には何も解決しません。

脇の下の汗の量を抑えることで、ワキガのような臭いも段々と 抑えられるようになってきます。
そして臭いが出ない時間が長くなれば長くなるほど、自分に自信が出てきて、 「 自分は本当のワキガじゃなかったんだ 」と思うようになります。 そうしているうちに、脇の下の汗のことも臭いのことも自然と頭から離れるようになり、 気付いてみたら、何のケアをしなくても脇の下のニオイも気にならなくなった、 ということにもなるでしょう。

一時的なワキガの場合、ほとんどが精神状態と関係していることが多いので、 何かがきっかけになってワキガになってしまうこともあれば、 何かがきっかけになって自分に自信を取り戻すことで ワキガが治るというケースも多くあります。 特に
「 ある日突然脇の下が臭うようになった 」 だとか
「 昔は臭いなんかしなかったのに最近になって臭いに気付いた 」
なんていうケースは、精神的なものからきているか、 単に不潔にしているから。。この2つしか基本的には考えられません。
なぜ、そんなことが断言できるのかは次章以降に ワキガになる理由とワキガの特徴を読んでもらえれば分かってもらえると思います。

汗には 「 臭う汗 」 と 「 臭わない汗 」 とがある

臭う汗
人間のカラダには汗を出すための 「 アポクリン汗腺 」 と 「 エクリン汗腺 」 という2つの汗腺が存在しています。
この汗腺の機能が鈍って、ミネラル分を再吸収しないで水分と一緒に排出される汗は、 ベタベタして蒸発しにくくなり、皮膚表面をアルカリ化してしまいます。 アルカリ性のもとでは、皮膚にある菌が繁殖しやすく、汗の臭いが強くなってしまうのです。
この臭う汗は、肉中心の食生活や生活環境、ストレスや運動不足、エアコンに頼りすぎた生活などが原因となります。 精神性発汗も不安や緊張からくることにより、 突発的にかくため、ミネラル分の再吸収が追いつかず、臭う悪い汗になります。  現代人は、そういった生活習慣により臭いのあるベタベタした汗をかきやすいといえます。



臭わない汗
エクリン腺から出る汗は、体温が上昇したときに、水分とわずかな塩分だけが汗として排出されます。 このように、血液への再吸収機能がうまく働いているときは、汗はそれほど臭いません。
このときの汗は蒸発しやすく、少量の塩分を含んでいるため皮膚表面を酸性に保ち、 皮膚にある菌の繁殖をおさえてくれます。これがサラサラの汗になり、臭わない良い汗になります。

脇の下の臭いはどうやって作られるのでしょうか?

脇の下の臭いの原因は、厳密に言うと 「 アポクリン汗腺 」 、 「 エクリン汗腺 」 、 「 皮脂腺 」 、 「 細菌 」 の4つが関係しています。 エクリン汗腺は全身のいたるところにあり、体温の調節などを司る重要な働きをしています。
その成分はほとんどが水分で、微量の塩分を含みます。 アポクリン汗腺は、外耳道や脇の下、 へその周り、乳輪、外陰部、肛門などの限られた箇所に分布しています。

そして、毛穴と出口を共有しています。 アポクリン汗の成分には、たんぱく質や脂質、鉄分、糖分、アンモニアなどがあります。
このアポクリン汗腺から出る汗がワキガ臭発生の原因です。
しかし、このアポクリン汗腺からの分泌物は、アポクリン腺の中にある間は無臭です。 あの独特なワキガ臭は、アポクリン汗腺から出た汗が皮膚上に分泌され、 皮脂腺から分泌された脂分やエクリン腺から出た汗と混ざり、 それが雑菌によって分解・酸化され、低級脂肪酸、アンモニアなどの物質に変化することで発生します。

簡単に説明すると、
「 アポクリン汗腺から出る汗が分泌され、 脂分やエクリン汗腺から出る汗と混ざり合い、それを細菌が分解し、ワキガ臭を発生させている 」
のです。

そして、この臭いがさらにエクリン汗腺から分泌するエクリン汗により広がってしまうのです。
また、ワキガ体質の人が、多汗症を発症していると、ワキガ臭はかなり強くなります。 ワキガ臭の強い人はアポクリン腺量が多く、皮脂腺も発達していて、毛も多い場合が多いといえます。


※ アボクリン汗腺の本数が多い人ほど脇の下の臭いがキツクなる

どうしたらワキガの臭いを軽減できるのか?

正直な話、僕のように 「 重度のワキガ 」 である場合、 普通の人のように臭いがほとんどしない体質にすることは100%とは言いませんが、 無理に近いと言ってもいいでしょう。
けれども、
「 重度のワキガ 」 から 「 軽度のワキガ 」 にすることは十分可能です。
軽度のワキガというのは、普段はほとんど臭いはしないけど、 汗をかいたときや脇に鼻を近づけた時に自分だけにしか分からないような程度です。

重度のワキガの場合、市販の制汗剤やデオドラント剤では全く効果はありませんが、 市販の制汗剤やデオドラント製品でニオイを抑えることができるまで持っていけるのが 「 軽度のワキガ 」 ですね。

質問の中に 「 ワキガ手術 」 という発言がありましたが、
僕は27歳の時に 「 吸引法 」 というワキガ手術を受けたことがあります。 費用は15万円程度で手術跡も1センチ程度で、それほど目立つものではありませんでした。
手術をして2年くらいは脇汗もそれほどなく、臭いも無く、
「 こんな簡単にワキガが治るんならもっと早くやっておけばよかった 」
と思ったほど順調でした。

ところが30歳を過ぎたころから異変が起こりはじめたのです。
まず、脇汗の量がそれまでよりあきらかに増えてきて、 下着代わりにしていたTシャツの脇の下の部分が濡れるまでになっていたのです。
鼻を近づけて臭いを確かめてみると、かすかにワキガの臭いが。。
「 ワキガ再発 」 の不安が日に日に高まっていったのですが、 それから半年もたたないうちに手術前のワキガ体質に戻ってしまったのです。
言葉では言い現せないほどのショックで、 絶望と、これからどうしたらいいのか、お先真っ暗で頭の中が真っ白になったことを 覚えています。

そんな経験があったので、僕的にはワキガ手術はオススメしません。

よく、ワキガ体質を改善するには、
「 食事内容を改善したほうがいい 」
「 運動をして汗を流したほうがいい 」
「 こまめに汗拭きシートなどで拭くのがいい 」

など、いろんな方法がネットや専門書などで書かれていますが、
実際にやってみると、結構な手間と時間がかかったりするものです。

日ごろ忙しく仕事をしている人なら分かると思いますが、
手間と時間がかかるということは、よっぽどの強い意志がないと長続きしませんよね。
さらに、ほとんどの方法が効果がないのが実情で、
結局は「 手間 」 と 「 時間 」 をかけないで何とかワキガ対策するには、 市販の制汗剤やデオドラント剤に頼らざるを得くなってしまうのが現実なわけです。

けれども、

ドラッグストアなどで手軽に手に入る 制汗剤やデオドラント剤ではワキガには効果はありません。
恐らくワキガ体質の人なら、そんなことは十分承知していると思いますが。。

それでもやっぱり制汗剤やデオドラント剤に頼りたくなってしまうのは 「 手間 」 と 「 時間 」 がかからないからですよね。

では、何で市販の制汗剤やデオドラント剤はワキガには効かないんでしょうか?

ワキガには市販の制汗スプレーは効かない理由

そもそも、エイトフォーなどに代表される制汗スプレー類やデオドラント類は、 先程説明したように、 「 エクリン汗腺 」 から出る汗のニオイ、、、いわゆる 「 汗くさい 」 と 言われているものを抑えるものであって、
「 アボクリン汗腺 」 から出るワキガ特有の汗や臭いを抑えるものではありません。



「 エクリン汗腺 」 から出る汗と 「 アボクリン汗腺 」 から出る汗との 違いを、ちゃんと理解していないで、
あらゆるスプレーやデオドラントを試した結果
「 あのスプレーも効かない! 」
「 このスプレーも効かない! 」
と言っている人が多いのですが、それは当たり前のことなんです。

例えて言うならば、
頭が痛いのに、頭痛薬ではなく胃薬を飲んで、
「 頭痛が治らない! 」
と言ってることと同じことなんですね。。

さらに、もう1つ、
ワキガの人に、 市販の制汗スプレーやデオドラントが効かない決定的な理由があります。
その理由をお話ししましょう。。

まず、ドラッグストアなどで売られている 市販の制汗スプレーやデオドラントは、 一般的にどういった人たちをターゲットにして販売されているのかを考えてみてください?

ワキガ体質の人は日本人のわずか10%以下しかいません。

つまり、スプレーなどを製造する企業側からしてみれば、 わずか10%以下のワキガ体質の人たちをターゲットに、
「 ワキガ専用スプレー 」
なる商品を開発したとしても、
販売対象が人口のわずか10%以下しかいないわけで、 最初から利益が出ないということも分かっています。

一方、
ワキガ体質でない90%の人たちをターゲットにした スプレーやデオドラントを開発・大量生産したほうが、 たくさん売れますし、ある程度利益が出ることも予想できますよね。


企業というのは、ある程度売れる見込みがあるから、 多少のコストはかかっても、製品を大量生産して全国の ドラッグストアなどで販売しているのです。

最初から利益につながらないと分かっている商品を、 わざわざ多額なコストをかけて開発する企業は、 ボランティアではないのですから存在しないのです。

そこが社会の現実であり、当たり前のことといえば当たり前のことなんですね。

これが市販されている制汗剤やデオドラント剤がワキガ体質の人には 効かない決定的な理由と、 ドラッグストアで 「 ワキガ専用 」 のスプレー類が販売されてない理由です。

ワキガ専用の制汗剤はないのか?

では、ワキガ体質の人が使えるような制汗剤やデオドラント剤は日本にはないのでしょうか?

市販されているデオドラントの中にはニオイや汗を抑える効果が高いと謳って( うたって ) いるものもありますが、
実際の話し、千円程度で買える商品にワキガを抑える効果が期待できるなんて、 どう考えても、あり得ない話しだと僕は思います。

最も期待できるのはネットで販売されている制汗剤やデオドラント商品でしょう。

ドラッグストアなどで販売されている制汗剤は、 ワキガ臭を抑えるものではなく、 いわゆる 「 普通の汗臭さ 」 を抑えるものです。

それに対して、
ネット販売されている制汗剤は、市販のものでは効果がなかったり、 ワキガ体質に効く制汗剤を真剣に探してくる人が多いので、
企業側も、製造にコストがかかっても、需要が高いことを熟知しているので、
「 ワキガ体質専用の制汗剤 」
を開発し、製造・販売をしているのです。

当サイト管理人の愛用品は。。

僕が重度のワキガであったことは先程言ったとおりで、 しかもワキガ手術に1度失敗しているといった苦い経験も持っています。

僕自身もワキガ手術をする前は、何の知識もなかったので、 効果がないのが分かっていても、市販のスプレーやデオドラントを使うしかありませんでした。

ワキガ手術に失敗して、真剣に 「 ワキガ専用の薬 」 を探しているときに、 先程説明したとおり、市販の制汗剤やデオドラント剤がワキガには効かない理由を 知って、 それ以来、ネットで 「 ワキガ専用 」 の制汗剤・デオドラント剤を使うようになったのです。

ここまで辿り着くのに15年も費やしてしまったのは、 何とも悔やまれる限りですが、いろんな情報を手に入れることは本当に 大事なことだと実感しました。。。

僕も、最初はネットでいろんな商品を買って試してみたので、
1つだけ言えることがあるのですが、 ワキガの場合、人によって臭いが強い人もいれば、臭いが比較的弱い人もいます。
脇汗の量だって多い人、少ない人と十人十色であるわけで、全員が全員同じ商品で 同じ効果が期待できるとは限らないということです。


なので、1つの商品を使ってみて効果がなかったからといって諦めてしまうのは 判断が早すぎるということだけは、僕の経験からいって確実に言えることです。


さて、これはあくまでも僕自身がいろんな商品を試してみた結果、 自分のワキガ体質に一番合っていたのが クリアネオ という商品でした。


僕の場合、重度のワキガだったので、完全にワキガの臭いを抑えることは無理ですが、

脇汗がほとんど出なくなったことによって、 今までより4分の1程度まで臭いを抑えられるようになったことが何よりの収穫でした。

物流関係の仕事をしているので、ほぼ1日中カラダは動かしている状態です。
当然、汗はかきますが、脇の下はほとんど汗はかきません。
汗をかかなくなったことで、脇の下の臭いも直接鼻を近づけて嗅いでみると、 かすかに臭う程度で、以前のように周りに気付かれるほど臭いはしなくなりました。



脇の下に塗る量はワキガの程度によって変えてもらえばいいのですが、
僕の場合、ワキガの程度が強いので、出勤前に脇の下をキレイにして、右脇と左脇に それぞれワンプッシュしてから脇の下の毛穴に浸透するようによく塗りこみます。

夜は風呂上りに、もう1度ワンプッシュずつ。
ワキガの程度が軽い人なら出勤前にワンプッシュするだけで十分ですね。

つまり、

ワキガの程度が軽い人なら1日に1回。
僕はワキガの程度が重いので1日に2回で、約50日程度使えてます。


大袈裟な言い方かもしれませんが、僕からしたら夢と希望を与えてくれたモノ。。 と言っても言い過ぎではありません。

ワキガ体質だというだけで15年間も悩んで、 人と接するのが怖くて堪らなかった自分が、 ワキガの臭いを半分以下に軽減できただけで、 こんなに世界が変わるんだということを身をもって実感してます。

あくまでも、僕自身が使ってみての感想なので、 ワキガ体質の人全員に僕と同じ効果が100%あるとは言えませんが、

僕もそうだったように、本当にワキガを治したいのであれば、 1つの商品でダメでも、それで諦めないで違う商品も試してみることです。
そうやって、自分のワキガ体質に合った商品を探し出すことも大事なことです。

いろいろ試しているうちに自分に合ったモノが必ず見つかるハズですから、 諦めてはいけません。

また、 クリアネオ には、 「 永久返金保障 」 という制度があります。
使用後、効果がなければ何日経っても返金が可能です。

なので、まずは自分のワキガ体質に効果があるのか1週間程度試してみることです。
2、3日試した程度では本当の効果を実感するのは難しいと思いますので、 最低1週間は試してみることをお勧めします。

そしてもし、効果がなかったり、体質に合わない場合は返金保障を利用すれば、 次の違う商品を試す費用として回せるので、 一度は試してみる価値はあります。

僕自身も、こうやっていくつもの商品を試しているうちに、 自分の体質に合った商品を見つけることができ、 「 重度のワキガ 」 から 「 軽度のワキガ 」 まで回復することができたので、 「 軽度のワキガ 」 の人なら、ほぼ無臭の状態までもっていけることが十分期待できます。

効果の無い市販のスプレーやデオドラント剤に無駄な出費を重ねているよりも、 極力無駄な出費を抑え、かつ確実にワキガを治す。 この方法でワキガの悩みから早く開放されるよう応援してます。



悩んでばかりいて、何も行動しなければ、一生何も変わりません。
僕自身も行動することで、 人生が180度変わったように、行動すれば、きっと 「 あなた 」 にも幸運が訪れるはずです。

【 女のワキガ対策 】
ワキガ手術に行く前にクリアネオ

【 男のワキガ対策 】
クリアネオ メンズ

【 お子様のワキガ対策 】
お子様のわきが対策クリアネオ

このページの先頭へ