子猫

子猫との初めての共同生活

小さくて、ふわふわしていて、天真爛漫な子猫。 可愛い子猫は僕たちの日常生活に幸せをもたらしてくれる素晴らしいものです。 無邪気にはしゃぎ、じゃれて遊ぶ姿は、 まさに耳としっぽがはえた天使のようでもあります。 猫じゃらしを追いかけて走ったり、幸せそうな寝姿を見せてくれたり、 柔らかくて撫で心地のいい子猫は僕たちの気持ちを癒してもくれます。

でも、いくら可愛いとはいっても、思いつきで子猫を迎えてはいけません。 なぜなら相手は本能のままに生きる、いたずら好きな小悪魔でもあるからです。

お気に入りの家具やカーテンで爪とぎをするのは朝飯前、 気に入らないことがあると部屋のそこらじゅうにオシッコをかけまわる。 家の中を狂ったようにダッシュして部屋中をグチャグチャにしても、 「にゃお」なんて呑気に鳴いている子猫。 子猫との共同生活は幸せなだけでなく超スリリングでもあるのです。 もちろん毎日のゴハンや病気の治療代など、手間やお金もかかりますし、 旅行にだって気軽には行くことはできません。 こういったことも考慮した上で、それでも子猫と暮らしたい!というあなたなら、 子猫とも幸せな共同生活を始めることもできるでしょう。

無邪気でキュート、そして何にでもじゃれる子猫時代は、 あっという間に終了してしまいます。 この時期の環境や育ち方は将来を左右するのに大切な時期でもあります。 大きな愛情で接しつつ、「しつけ」もきちんとする必要もあり。 子猫から幼猫へ、そして大人の猫へと成長するにつれて、 飼い主の生活リズムにも慣れて、味わい深い猫になり、飼い主への思いやりも育っていきます。 どの時期の子猫も可愛く、幸せでスリリングなことには変わりありませんが、 まずは貴重な子猫時代を幸せに過ごしましょう。



ペット保険一括見積もり

このページの先頭へ